まいど、おおきに

つづきです

ここは山頂だからここからは下り
おっさん下りは好きだから何とかなると思ってたけど
ゆるりんさんに言わせてみれば
おっさんのトレイルの下りはへっぽこだそうだ

ただへっぽこだけならいいようなものの
そこでやまけんさんの走りが綺麗だという形容詞付きで言われたもんだから
おっさんちょっと傷ついたw

それはおっさんに対する嫉妬か?

下りはツインターボの刺激が無いので
ゆるりんさんとおぐらさんに先に行ってもらうw

途中冷たい水を汲んで給水をしながら
おっさんが目指すは椎茸だ
この椎茸はマラポには重要なアイテムだからだ

おっさんは『し・い・た・け し・い・た・け』
と言いながらリズム良く下って行きました

そして椎茸をゲット!
その後ゆるりんさんから先ほどのお詫びのトマトを頂き
(好きやったら好きって言っていいんやで~)
さらに○崎さんからもトマトを頂きました
心身とも生き返りました

後はもう下りと平地しかないと思ってましたが
サトさんがそんなことを許すわけも無く
何回か上りを入れてやっと下まで降りてきました

下まで降りたらサトさんが
『もう少しでローソンがありますから先に行っといて下さい』
と言われたので
一目散に走り出しましたが
行けども行けどもローソンは見つからず
恐らく1.5kmくらい先にそのローソンはありました

ここでドロドロになったおっさんは
たくさんの給水を余儀なくされてしまいました

ここで走り組と電車組に別れることとなり
かなり電車組が多かったので
丹後で走るにはここを走り組に入らないと練習にならないと言って
おっさんに騙されたのはゴリちゃんだけでした

サトさんのあとちょっとで・・・
はみんな騙されたのに
おっさんの一言には何故騙されないんだろう?w

その後同じように
一回騙されているのに
サトさんが『もうすぐコンビにですから・・・』
という言葉を学習能力の無いおっさんはまた信じてしまいましたw

もう1回つづきます


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

つづきです

山に入ると涼しいね
と言ってはみたものの
おっさんはやっぱり暑い

おっさんの走行距離はこの時点で約30数km
丹後にたとえると2回目の七竜峠に当たる

おっさんは思った
ここからポンポン山頂上まで制する事が出来れば
今年の丹後はもらった!

結果から申しますと
もらえませんでしたねw
休憩もいっぱいしたし
激坂、鬼坂はすべて歩きましたし
ペースは過去の丹後の撃沈ペースでしたw

ただただ
サトさんに必死に着いていき
ゆるりんさんとおぐらさんのツインターボエンジンの恐怖に
後ろから煽られる展開で非常に辛かったです

ツインターボを前に行かせる方法もあったのですが
上り坂で前のツインターボは刺激が強く
動かない脚が硬直してさらに走れなくなってしまう

だから激坂、鬼坂はすっかり置いていかれておりましたけど・・・

あの激坂、鬼坂は距離は短いけれど
充分暗峠級だ
斜度が見渡せる分
精神的に辛さが倍増する

おっさんはやっぱり坂が苦手だ
特にコンクリートだとかトレイルの坂になると
脚を運ぶのが精一杯
走ろうと思ってもいつの間にか歩いてしまっています

心の底から
『こんな所は走らんでええんやで~』
と聞こえてきましたw

なんとか頂上に着いて一休み
サトさんえむさんのお気遣いの美味しいおすしを頂き
持ってきた補給食を平らげました

ここで皆で記念写真をいっぱい撮った
おっさんは全く掲載しませんが・・・

かおりんさんが
『ここでし~やんと写真を撮ったら、丹後完走出来そうな気がする!』
と言って写真を撮りましたが
かおりんさんが2回目の七竜峠で地獄を見そうな気がしましたw

つづきます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

つづきです

実はこのマラニック
主催者のサトさんから
補給食と水分はきちんと持参して下さいとのお達しがあった
しかしおっさんは出来るだけ荷物を減らしたいがために
高槻駅付近のコンビニで何とかなるだろうと思い
特に用意をしてこなかった

なので高槻駅に着いて身体を落ち着かせた後に
おっさんは
コンビニで食料を調達しましたが
その後皆が集合するまでの時間
小腹が空いてきたので
先程購入した食料に手を出しました

半分以上食べてしまいましたねw
これなら牛丼屋さんへ寄れましたねw
節約した電車賃はこれでオーバーしました(泣)

食料が減った為
サトさんに途中コンビニに絶対よるよね?と確認した後
コインロッカーで荷物を預け
駅スタート組と途中までバスで行くバス組みと別れ
スタートしました

途中、駅スタート組は
ゆるりんさんが500円玉を落としたりして時間が掛かりそうでしたが
お金に関して目ざといおっさんがそれを見逃すはずも無く
さっさと見つけて時間ロスも最小限でスタートできました

道のりは暑く、日陰もほとんど無し
山に近づくにつれ坂の傾斜がきつくなり
十分結構な坂だなぁと思われるところで
『こんなの坂じゃなくて上り基調だ』とサトさんに言われて
サトさんはHent○iを通り越したドHen○aiだと確信しました

まぁみんな知ってたけどね

じゃあ今日の激坂と鬼坂ってどんな坂?
と恐ろしさを感じましたが
逆におっさんは走れない坂だと瞬時に理解できましたので
おっさんの頭の中で走らなくても良い坂に変換され
なぜかうれしくなりましたw

途中、お約束のコンビニで補給食を大量に購入
すっかり足が出てしまって
サトさんお薦めの椎茸が買えるかどうか心配になってしまいました

その後バス組と合流し山に突入となりました

つづきます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

今回のおっさんは気合が入っていた
というのも先週50kmオーバーする予定だった
暗峠遠征が42km程で終わってしまって
7~8月50kmオーバー走5回の計画が
今回も走れないとなると
5週間連続50kmオーバー走の危機になってしまいそうで
さすがにこんな暑い真夏を5週間連続だなんて
丹後の前に死んでしまう・・・

ただ、サトさんが言うには天候によっては
ポンポン山往復コース25km程度になるかもしれないとのことなので
家から高槻までは20数キロなので
場合によってはどこかで距離を稼ぐ必要がありそうって事で
起床は5時で6時前には出発しないといけないと
前日には考えておりました

気合が入っていた為か
5時5分前に目が覚め仕度をはじめ
予定通り6時前に家を出た
おっさんやれば出来る子w

トレイルシューズが良いとの事なので
めったにはかないトレイルシューズを久々に履く
トレイルシューズはがっちりしていて練習には良いのを再認識

まずは木津川河川敷を目指し
木津川河川敷から八幡市の男山山頂を左手に見ながら
淀川、桂川を越え
大山崎から171号線を高槻に向かってポクポクと走りました

高槻市に入る前にセミが鳴き出したので
気温も25度を超えたんだなぁと思った
8時前から25度だから午後は確実30度越えw
丹後のための準備は整ったw

途中、前日までに仕入れたタケダの経口補水液を飲んだのが効いたのか
暗峠遠征のときのような不調にはならず
高槻に着くまでの途中購入は140円の900mlのお茶1本で済ますことが出来た
今回は電車賃を浮かすことが出来たw

高槻に着いてお腹が減っていたら
牛丼か何かを補給しようと考えておりましたが
まだ朝食の卵がけご飯が胃に残っている感じがしたので
補給はせず、集合場所にたどり着いた

この時点で24km
天気も快晴なので今日の50kmオーバーはもらったw
ただ、もうこの時点でおっさんだけ汗まみれw
この暑さでこの後持つのか?

つづきます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

サトさんえむさんプレゼンツ
ポンポン山マラニックに参加してきました

サトさんえむさん
ほんとお世話になりました
ご一緒させていただきました皆様ありがとうございました
ほんと楽しい時間を過ごせる事ができました

おっさんは今回のマラニックでわかった事は
コンクリートの道や山道は全く遅いってことと
朝、家から走っていくのと
帰りに電車で帰るのと
あんまり時間が変わらなかったw
自分の足が一番信用できる(笑)

今日はおっさんはめっちゃ疲れたので
詳細は後日


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村