上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.09.18 丹後の名残
レポの前に…
ようやく夢の中から目覚めたような感覚です
たった2日前の出来事でしたが、なんか遠い昔のような出来事に思えます
走り終わった後から今日の朝まで筋肉痛に悩まされましたが
夕方にはかなり解れて、先程ジムにて1500mほど泳いできました
ランをするには左足裏にできた大きな水ぶくれと右踵にできた大きな靴擦れがひどく
靴を履くにもちょっと抵抗がある感じで当分ランオフが続くかと…

走ってる最中はなぜこんなものに申し込んだのか?
走り終わった直後は、もうこれが最後やな
と頭の中では思ってましたが
今日は何故か次のウルトラはどれにしようか?
と考えている自分がいます
嫁さんには『もういいでしょ?やったらあかんよ!』
と釘を刺されちゃいましたが…

自分なりにこの日のために色々準備しましたが、
走る前の心境といたしましてはかなり切羽詰ったもので、
何人の方々に『あれだけ走っておられるから大丈夫ですよ』
と言われましたが、それがかなりプレッシャーとなっていました
スポーツに絶対はありえませんし
その確率が五分五分であろうが、99対1であろうが、1対99であろうが
その日の偶然でどっちに転ぶか判らないのは他の競技で多くの経験をしてきましたので
解っているつもりです
自分にできることは
如何に自分の努力で無理に近い100対0に近づけることができるか?
だと思うのです
僕の走る前の感覚ではその数字は70対30くらいでした
ですから実際に普段生活している周りの人にはよっぽど親しい人にしか参加することを言えませんでしたし、
今日、完走報告をしても『フ~ン、そうなの?』って感じで100km走るなんて馬鹿じゃない?
って顔を露骨に見せる人もいるくらいでしたから…

そう言う意味では今回のレースは自分にとってかなりラッキーに恵まれました
一つ一つの判断が自分の思いつく中でベストの選択ができ、
偶然にも苦しい時に必ず立ち直るきっかけが出てきてくれました

スポーツに『~たら』『~れば』は無いと言いますが
逆の目で言いますともしあそこでという場面で逆の行動を起こしていたら
今回の12時間切りはなかったですし、それが序盤でしたらもしかするとDNFの可能性もあったと
感じるところはありました

そして丹後は良い所です
素晴らしい環境で走らせてもらったと思います
大会関係者の方々、応援してくださっている人
すごく良かったです
ありがとうございました
それとここで応援してくださった皆様、
一緒に走った仲間、
そして家族にも大変感謝しております
ありがとうございました

ありきたりな言葉でしか表現できませんが
今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2013.09.15 丹後速報!
無事完走できました!
12時間切れました!
携帯の更新は苦手なので
とりあえずご報告まで
返事出来てないのも
ちょっと待って下さいね(笑)
2013.08.29 8月のまとめ
もう、8月も終わりますね
明日から天気も下り坂なので8月はもう走れないかも…
という事で8月のまとめです
早すぎますか?

8月だけジムを休みにして
全く泳がず、ランに専念しました
月間走行距離は今までの中で最長の450kmでした
80kmのロング走をはじめ丹後に向けて悔いのない走りができたと思います
9月1日の井上ワールド参加が最後の締めになり
そこからは丹後に向けて万全のコンディションに持っていきたいと思っています
一昨日丹後の案内状も届き、いよいよだなって感じさせます
ナンバーは…
完走して『泣くわ』になるか
DNSで『泣くわ』になるか…

グループトライアルって案内であったけど
話のネタに
誰か一緒にしませんか?

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今日、朝起きて膝周りの筋肉痛と足裏の状態が良くないこと以外はそれほどダメージを感じておりません
しかし、夕方に疲れを抜くためのゆるゆるのJOGを入れたのですが、
自分が感じてる以上に疲れは残っているものですね
疲れを抜くはずがちょっとしんどかったです
足裏なんですが、今までにできたことのないようなところに水膨れや
足先全体にしびれのようなものが残ったのが
今までとの違いでしょうか

それでは昨日の内容です
丹後1ヶ月前ですのでこれが最後のチャンスだと思ってましたので
2~3日前から準備をするくらい、かなりガチ入ってました
他のブロガーさんのように場所を変えて長距離トレーニングするのも気分が変わって良いかな?と思いましたが、
改めて探すのも不精な僕にはめんどくさいので
過去利用したコースと普段利用しているコースを若干アレンジしました
以前のこのブログのコメントでTeam☆Mオーナー氏から
10時間位動き続けるのが良いとアドバイスを受けたのを元に
① 自宅から奈良イトーヨーカ堂を往復50kmコース
② 自宅から太陽が丘を回って宇治田原往復20kmコース
③ いつも走っている自宅周辺10kmコース
自宅エイドを使ってせこく行く10時間位で行けるところまで行くという曖昧な目標設定で始めました
曖昧ではありますが①は丹後の前半はどれくらいで行くべきか?
②は碇高原ほどの高さと長さは無いにしろ急な坂道をどうするか?
を考えたコース設定です
以前のブログで持ち物はどうするか?と書きましたが
ボトルはyurenikuiから取り出しが楽なKIRINビールの付属の細いボトルに交換しました
あと、下着ですがUNIQLOのエアリズム、これ最高です
今回、股ずれの心配なしでした

スタートも時刻に近い4:43スタート
最初の滑り出しは体が重く、非常に長く感じました
丹後を申し込んだ後悔まで出たくらいです
セミはもう鳴き出し暑さを訴えてます
汗は吹き出てきますが、いつもの喉の渇きはあまりありませんでした
このあと特に何があったとかは全くありません
いつものように写真も全くありません
ただ、黙々と走り続けただけです
15kmごとにアミノバイタルを補給し、
20kmごとにパワージェルを補給し、
奈良の帰りから5kmごとにコンビニ、自動販売機で水、オレンジジュース、お茶、スポドリの補給
50kmを6時間弱で帰ってこれました
次の20kmは上りの坂道では足も切れかけて走れない状態でしたが
碇高原を戦略的?歩きでどこまで進めるか?の良いシュミレーションになりました
その次の10kmも上りはほとんど歩きで
最終的には約80kmを10時間13分で終えました
自分の予想としましては70kmぐらいか?と思ってましたので
今回の結果は丹後完走に向けて、非常に自信となりました

あと今回のコースと比べての懸念材料と考えられる(丹後の話は聞いた話ですが)のは
① 2回の七龍峠でのダメージは?
② 今回のコース(思ったより木陰が多かった)より碇高原は日陰が少ない
③ 碇高原の上り坂の距離が長く、調子よく歩き続けられるか?
④ 碇高原の下りも長く、膝が痛くなり走り続けるのが辛くなる
⑤ もし、天候が悪かったら全く予想がつかない
くらいですね
あとは自分のコンディションを万全に持っていくこと
スタートの時間に遅れないように起きること←これが1番心配
でしょうか
やっと丹後のスタートラインに立てたような気がします

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

2013.08.16 速報 80K
きつかった(><)
80K
でも光明が見えてちょっと嬉しい ^^
詳細は後で
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。