毎度ありがとうございます

昨日、走り終わってからは歩くこともままならず
本日会社に行っても
今にも出そうなう○こがパンツにつかないように歩いてる様な歩き方でしか歩けませんでした
こんな状態は丹後よりひどかったかな?
とは思いましたが
丹後の時もラーメン屋で介護されるように接客されたから同じようなものか…

では早速レポです
今まで陸連公認とかの大きな大会出場は2つ(京都と丹後)だけで
どちらも天気はあまりよくなかったのですが
この日は絶好のマラソン日和の快晴でした
スタート時に会ったのがるみさんだったのもあってめちゃめちゃテンション上がり~の
神戸の街全体も輝いて見えました
スリットをチラ見したのは内緒の方向で・・・

スタートの号砲が鳴り約3分弱のロスでスタートラインを通過
有森裕子さんのテンションが半端ない
こっちもますますテンションアゲアゲ~!
最初のスタートはさすがに混んでて遅くても仕方ないと思いましたが
しばらくたっても楽なスピードで進んでいきます
そろそろスピードを上げたいなぁと思いましたが
道幅が狭く抜き去るにも少し厄介な感じです
もうちょっと我慢するかと思ったところでラップタイムを告げる音に気付いて見ると
4:43
次のラップが
4:22
いつもよりめっちゃ速いやん
これって最後ゾンビのパターンやん…
それでもなぜかこれを抑えることもなく
なんにも考えずずっと4:30前後のタイムで当分押していってしまうのです…
全く周りが見えない
前しか見えない
いわゆるゾーンに入ったとも言うべき感覚か?
前にあるハイタッチの手のひらと先ゆく選手と美ジョガーのお尻
を黙々と追い続ける感じでした

そんな時でした
須磨浦公園で変な奇声が…
『ゆるりんさん 頑張って!』
ん?ゆるりん?
どっかで聞いた名前・・・
左に視線を向けると
どうしたことでしょう
レース前は自分が調子良いことが条件として
ゆるりんさんが後半へばった時にしか会えないと思っていたのに
ぐあっTを着たゆるりんさんがそこにいるではありませんか!
ますますこれは飛ばしすぎ・・・
やばいと感じておりました

それと当時にその奇声をあげた人物はあのミスターX
前日応援するからとゼッケン番号を聞いときながら
私の通過に全く気づかず
やっぱり女しか目に入ることはなかった・・・

このような事件が有り一瞬我から覚めたこともあったが
その後も黙々と走り続け明石海峡大橋の折り返しまで順調に来た時には
やばいどころか
『俺って、サブ3.5どころか3時間10分台じゃね?』
なんてタカをくくり始めておりました

つづく・・・

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/67-7d5664d9