近況ですが
丹後が終わった後、全身筋肉痛で2日ほど動きが悪かったものの
仕事に関しましては、無事任務を遂行することが出来ました
足裏や踵にできた水ぶくれも先週のうちに完治し、
今週は歩くと痛いと言うことはありません
ただ筋肉痛と思われた左足の膝裏の痛みが依然引きません
筋肉痛としては長すぎると思い、知り合いの鍼灸医で診て貰いましたが
肉離れほどにはなっていない模様
全く動かさないよりは軽めの運動ならやった方がよいとのことで
暫らくはウルトラマラソン以上のウルトラ遅いジョグで済ましています
それより速くなると少し痛みが出ちゃいます
無理したら走れないことも無いですけど・・・
無理する時期ではないと思いますのでぼちぼちやります

それでは丹後の続きです
15kmあたりを過ぎると胸のつっかえも取れ始め、周りの人も少しずつばらけると
蒸し暑さもなくなってきました
代わりに登場したのが屁です
止まらない・・・・
これが走る力に利用できたら・・・・
でもこんなところで我慢してへんな力を使うよりは
もっとリラックスさせて開放させる方が良いと思い
もうあたりかまわず プー!
でっかいのも プー
連発も プップップー!
坂を下りきったときに一番でかいのが出たのですが
その時タイミング悪く後ろに人がピタッて着かれまして
その人に奇声をあげられました
思わず後ろを振り返って『すいません』と謝ると
苦笑いをされちゃいました
立ちションと真後ろのでかい屁はどちらが罪深いでしょうか? (T_T)
そんなことがありながらも50km手前あたりまで屁は収まることはありませんでした・・・

いよいよ2度目の七竜峠
確かに碇高原は最大の山場ですが、
僕の計画で言えば
碇高原までの上りは最初っから2時間かかっても仕方がないと思っておりました
ですからそれまでの60kmがこの丹後を完走するには大きなポイントになると踏んでました
その中での難所といえばなんと言っても七龍峠!
最初の七竜峠はスタート直後でなんとかうまくやりきれても
この2度目の七龍峠の出来不出来が大きく関わってくると思っておりました
そこでたまたま1週間前にインターネットで見かけたCHIランニング
実際は違うのかもしれないけれど

 足を置くように進める
 上りは小股で進む
 腕をしっかりテンポ良く振る

というポイントを忠実に練習の坂道で試すとなんか楽に進めたので
ここで必殺技として採用!
周りは歩き始める中、ずんずん進むことができました
後で下り坂になってかなり抜き返されましたが、止まらず坂を登りきったので、
結構な人が抜けました

下りきって浅茂川漁港エイドでうどんを食べていると
後ろから『ちょっと今、マッサージ空いてるけどやる?』っておじさんから声をかけられました
予定ではマッサージをしてもらう暇はないのと体が逆に硬直してしまうのではという不安からパスする予定でしたが
七龍峠を頑張りすぎたせいか若干膝が痛いので少しならいいかとマッサージをお願いする
これが大正解!
めっちゃ膝が気持ちいい
これ以降、膝が痛むことはありませんでした

あじわいの郷あたりではターザンとチョッパーを発見
チョッパーは次の着替えエイドで新世界バージョンに変身するとのことで
それを見る為に頑張ろう!と
何か理由付けをしないと頑張れなくなってきておりました
まだまだ半分・・・
弥栄庁舎に向かいます

続きます
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/51-5df649ad