まいど、おおきに

さて、続き

カリスマブロガーのあやた様に見送られ(お見送りありがとうございました)
スタート地点へ

ゆるゆるとスタートしだすと
今期サブ3で走るのはこの4人だなって思える人が先頭を切り
おっさんはその少し後ろをせっせと付いて行く
が、せっせとついていこうと思ったのもつかの間
200~300m程でこの坂道を走り続けることは無理と判断
すぐに歩き始めます

これは丹後の練習ではないのか?
と御指摘、御批判があるでしょうが
七竜峠はこんなにきつい坂ではない(笑)
よってここは脚を動かすという最低限のトレーニングということで
お茶を濁す

しかしながら先行した5人ほどとは比べ物にならないが
歩いていても周りが頑張って走っているスピードと比較しても
あまり見劣りしないところを見ると
力を使わない分だけウルトラには適しているか?
と勝手な思い込みでゴールを目指す
途中かおりんさんに頭の上から冷たい水をかけていただき、癒され
ゴールではおぐらさんに冷たい飲み物をたくさん頂き、復活した
記録は23分半ぐらいだったので、キロ10分程度か?
ほとんど歩きだと考えればなかなか良い記録(笑)

皆がゴールするまで待ち、奈良側へ下る
上る前もそうだがすでに気持ちが切れまくっているので
いつものようにしゃべりで気持ちをごまかすw

奈良側スタート地点では山ちゃんとえーかわさんが待っていてくれて
ここでも飲み物、フルーツをふんだんに頂く

もうこのまま電車で帰ろうかと思ったが
駅まで5km程あるということに加え
丹後の練習を目的にやっていたので
ゲンを担ぐ意味で帰りも走ることにしたw

帰りは大阪側ほどの斜度も無く
七竜峠、碇高原を想定すると結構良い練習になりそう
しかしながら斜度がきつくなれば歩いてしまう・・・
おぐらさんについていこうとも考えましたが
一瞬で諦めちゃいましたw
恐らくおぐらさんは今年のフルは3時間20分どころか
15分は切りそう・・・

ゴールで全員を待ち、再び大阪側へ下ります
あんまり走ってないはずなのにレース終盤のような辛さ
これが暗峠の恐ろしさか・・・
下り終わってかおりんさんに一杯飲み物を頂き
その後風呂屋さんからアフターへ

丹後へのスタートと位置づけた1日だったが
あえなく撃沈した1日となりました
暑さに対する耐性、長い距離走った後の上り坂
いずれも大きな課題を残したものとなってしまいました
あと2ヶ月と少し、
この大きな課題を克服するべく頑張りたいと思います

最後になりましたが
暗峠の企画をしていただきましたやべっちさん、
応援、エイド等していただきました
かおりんさん、おぐらさん、山ちゃんさん、えーかわさん、あやたさん
そして一緒に走った皆様、ありがとうございました

あとえむさんから無事Tシャツも頂きました
ユキさんありがとうございました



今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/346-2823df34