まいど、おおきに

レポって難しいと感じる日々です(笑)

当日の朝、2時半起床
まず感じたことは
『寒い!』

前日、当日は暑いよって皆言ってたから
余計に寒く感じる・・・
なんせ気象庁発表は野辺山の最低気温は2.5℃
これって冬やん・・・

それでも寝ぼけながら身支度を済まし
皆様をお待たせさせてしまいましたが3時過ぎには出発
駐車場に迷いながらも到着し
らぴさんと車も隣同士なので一緒に会場に向かう送迎バスに乗りました

一緒にらぴさんと居てその日一番気になる一言
『ウルトラマラソンやのに緊張する・・・』
えっ!
皆はウルトラマラソンだったら緊張しないの?
おっさんはどんなレースでも大小はあれ緊張するけどなぁ・・・
もうお金を払ったって時点で緊張の対象だw

会場に着くとおなじみのだれやねんさん
もうウルトラでは鉄板の人だ
あぁ、この人は緊張はしないかもw

そんでこれが今回のコースの高低表だ



走る前までは急な上り坂はしんどいなぁとか
下り坂でタイムを稼げるかなぁとか
ぼんやりとしか考えられなかったが
走り終わってからの今更ながら説明が出来るw

見ての通りかなりのアップダウン
このコースはスタートゴールは同じ地点なので
スタートゴールは同じ高さ
しかしこのコースを普通のコースと違って難しくしているのが
この標高の高さと50km地点の標高が低いことだ

気象庁の発表では野辺山の気温が
最低気温2.5℃、最高気温21.9℃、平均気温13.1℃となっているが
その日一番暑い時間帯に恐らく多くの人が50km地点辺りに居るわけで
その時の最高気温は恐らく25度を超えていたんではないかと思われます
日差しも強かったので体感はそれ以上でした
2.5℃から一気に25.0度はそれなりの事前対策が必要と思われます

それとスタートから50kmまでは高いところから低いところ
50kmからゴールは低いところから高いところになります
ですから前半と後半のタイム差がやはり1時間は見積もらないといけないでしょうし
走力的にタイム差が2時間以上かかるとなるとなると
完走に黄色信号が出るように思います
と言って前半が楽って言うわけではなく
そこには標高が高いという魔物がすんでおりまして
空気が薄く簡単に心拍数が飛び跳ねるという・・・

今までウルトラマラソンでラスト2~3kmはゴールに近づける気持ちで走れましたが
今回は最後まで走りきれることは出来ませんでした

次はスタートからです


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/335-63e5d3a2