まいど、おおきに

自動車の任意保険はかなりカバーできるようにかけているのですが
保険が効かない所が出てきそうなので、かなりの出費になりそうです
年齢制限無しなので、次の保険代もべらぼうに高い(><)
ほんと頭が痛いです・・・

本日は雨
もちろんランオフ予定(笑)
ランオフって嬉しいっちゃあ嬉しいんですが、
朝からやることがなくなって何か気が抜けたと言うか
そんな気持ちがいつもだらだらとした1日がさらにだらけるという・・・
おっさんは実は走んの好きなんじゃね?
と思われる方がいるかも知りませんが
おっさんの普段の練習は10kmのジョグなので
インターバルやビルドアップやペース走なんかされておられる皆様より
ずっと楽っちゃあ楽な練習なはずで
もし皆様のような練習をするとほんとに
走るのがつらくて嫌いになると確信できる(笑)

以前からおっさんのような練習で速く走れるのかがわからんという人と
何回かお話させていただいたが
自分ではうまく説明できることが出来なかったように思う
あえてここで説明をするなら
マラソンに対するアプローチの仕方の違いと受け取っていただければと思います

だいたいそう言って来られる方は
マラソンを速く走るには
その走るペースを走りぬくスピードがないと走れない
と言う考え方になると思います
まあ常識的ですよね

でもおっさんはこう考えるんです
マラソンを速く走るには
最初から最後まで同じようにずっと動かし続けることの出来るフォームがないと走れない
って思ってるんです

もちろんそれなりのスピードがないと速くならないってのはわかっていますよ
でもスピード練習されている人が3時間近く動かし続けることの出来るフォームを
どれだけ意識しているか?って問われれば
あんまり多くないと思うんですけど、違うかな?

他のスポーツ、たとえば野球とかゴルフとかでも
フォームを作ったり固めたりする時、
スローモーションで動かすって言うトレーニングがあるそうなんですけど
これって以外に難しいんだそうです
それをマラソンにたとえると何かって言うとジョグなんじゃないかな?って思うんですよ
このジョグにも自分なりにノウハウがあるんですけど
スピード練習のようにうまく表現できないのが難点なのかな?

そう考えるとスピード練習をするほうが比較しやすいしわかりやすいから
皆そっちの練習が多くなっちゃうんでしょうね
でもおっさんはそんな練習はしんどいからいくら流行っても
そっちをメインで練習は出来ないな(笑)


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/275-1129e65b