まいど、おおきに

物語風はいかがでしたでしょうか?(笑)
今回は東京マラソン総括してみたいと思います
今まで使ってない数字も取り入れようかな?
だっておっさん理系だからw
今回、今までと違う取り組みをしてみたことを列挙します

① 朝起きて足湯
② スタート直前までアキレス腱にカイロを張る
③ アキレス腱周辺にファイテンのシールを張る
④ EPSON SF-810Vで走る
⑤ スカイセンサーグライド2で走る
⑥ 走法を意識した

① 、②、③は脹脛、アキレス腱の痛みの対策
東京に入る前からずっと朝起きて一番はアキレス腱の痛みがひどく
びっこを引いて歩いている状態でしたが、
東京マラソンではとりあえず朝一番は患部を暖めて少しでも痛みを和らげようとしました
特に①、②は効き目があったようでレース中はほとんど気になりませんでした
コース自体も上り坂が無く、負担のかからないコースが幸いしました
③ の効き目はどうだったのでしょうか?(笑)
利いていたような気もします

今回のGPS時計はEPSON SF-810Vを使用しました
新宿はビルが多く、GPSの補足がなかなか出来ないと聞かされておりましたが
1分もかからずに補足出来ました
距離等に関しましてもスタートと同時にスタートボタンを押し
1kmごとの距離表示の約150m~200m手前あたりでラップを表示
最終距離も42.42kmなので誤差も非常に少なかったように思います
今回の走るペースも心拍数をあてにして走ることもできましたので非常に良かったです
ピッチ数はおおむね42.195km通して180後半で推移しており安定しておりましたが
ストライドが平均114cmであったものの
かなりばらつきが見られております
おっさんが今後タイムを伸ばすにはなんとなくですが
このストライドをもう少し高みで安定させることが必要なのでは?と思いました
よってその具体策としては走る姿勢の前傾をさらに大きくし
その為には前傾を保てる体幹トレーニングとストライドを広げられる股関節の柔軟性が
求められるのではと考えております
やるかどうかはおっさん次第w

スカセンはおっさんにはあってると思います
おっさんはストライド走法に近いのでターサーのほうが良いと思っておりましたが
おっさんの走り方では着地時にちょうど土踏まずのところに力がかかりやすいのか
ターサーのセパレートの部分、ちょうどプラスティックの所でカチャカチャと地面と当たる音がしますが
フラットソールのスカセンはそこからスムーズに足先まで蹴り出せる感覚が出ますので
走りやすい感じがしました
その為、ウルトラのレースは同じようなフラットソールのゲルフェザーグライドを採用しようか考慮中です

最後の走法ですが、以前書きましたこれ
腰を振るまではなかなか意識して出来ませんでしたが
お腹のへそを中心に伸ばして走ることを意識することで
特に疲れてきたときの姿勢を矯正するには大変役立ったのではと感じております

この東京マラソンを走る前までは非常に状態も悪く、
サブ3.5をキープする程度で終わるだろうと悲観的に捕らえておりましたが
コンディション、コースにも恵まれ
やることすべてが良いほうに転がり、
今までの中でも最高のレースが出来たと思っております
嫁さんには一生一度の東京マラソンかもしれないと言って許しを得たのですが
次もぜひ当たって走ってみたいと思いました
今回、東京マラソンでお世話になった皆様、応援してくださった皆様
本当にありがとうございました


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/228-051bf1bc