まいど、おおきに

ワールドカップ負けちゃいましたね
負けた原因なんかは色々あるんでしょうけど
今回の代表はザックJAPANって皆さん言っておられますが
僕の目からしたらあれは本田JAPAN
ザックの頭の中に本田の考えが刷り込まれたと思ってます
ここでザックが悪い、本田が悪いと言ってるのではありませんよ
あくまであの結果は結果論
あれで成績がよければそれはそれでよかったわけですから
あえてここで悪いのは何かと聞かれたら
日本人のキックが下手だと言うことでしょうね
確かに今まで中村俊輔のフリーキックなんかはピカイチだとは思いますが
全体的に見れば恐らく今回出場チームでは下位にランクされると思います
日本人はテクニックがあると思われてますが
それはリフティングとか小手先の技術だけで
キックに関しては『?』だと思います
このワールドカップでも簡単なショートパスのミスがかなり多かったですし
シュートも可能性のあるシュートが少なかった
特にあの香川のシュートはひどいなぁと感じました
これは育成段階の指導者の考え方を変えるべきでしょうね
リフティングよりキックのほうが大切な技術であることを!


熱く語ってしまいましたが
今日はジョグの話(笑)
今まで語ったシューズをきちっと履いてキロ6分以上のペースで走ります
って話で実は終わってしまう(笑)
もうちょっと突っ込んだ話をすると
なぜキロ6分以上か?というと
1つ目は踵から着地して正しく歩くときのように足を動かす為です
正しく歩く延長に走るがあると考えているので、正しく歩く時間を作ればよいのですが
そうすると走る時間が少なくなります
2つ目はフルマラソンを終えたとき、心肺はそれほどダメージを感じておりませんが
下半身はいつもいっぱいいっぱいなのでやはりLSDのようなトレーニングの方がおっさんには必要と感じております
3つ目はおっさんの左右の足のパワーバランスが悪いことです
去年、シューズマスターにボディーバランス測定をお願いしたのですが
右足のほうですべて仕事をしていて左足が涼しい顔してます
と言われちゃったほどバランスが悪かったのです
パワーバランスが悪いとどんな弊害があるのか?をお聞きすると
おっさんの場合は右足がアクセルを踏んで左足でブレーキを踏んでいる感じで
非常にロスが大きいとのことでした
そこでどんなトレーニングをすればよいかのアドバイスを頂いたのが
ピッチを早くしてのキロ6分以上のジョグでした
実はこれが結構つらい・・・
ピッチはフルマラソンペースくらいになるので
コンディションの良いときにしかできません
このピッチの速いジョグの何が良いかといいますと
バランスの悪い走りの時は必然的に左右の足の着地時間に差が出てくるが
ピッチを早くすることによってその差を無くしていこうということです

ということで今後も、自分なりにまだまだ細かい修正点がありながらも
ジョグで去年から少しずつタイムを縮めることができているので
秋の結果を楽しみにこれからもジョグに精を出したいと思っております


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://wagamamasiiyan.blog.fc2.com/tb.php/140-cfc88fa7