まいど、おおきに

昨日もジョグってきました
ピッチを上げることも出来てきたし
少し頑張ればピッチ180くらいをキープできそう
しんどいしやらないけど(笑)
今の状態ならウルトラなら走れそう
フルは無理だけど(笑)

ではレポの続きです

早く床には着いたけど
眠りが浅く、すぐに目が覚める
寝付きが悪いため、このブログを読みながら
自分の息子に5歳スイッチってあったっけ?
なんて思い出しながらうとうとしていると
起床予定のAM1:50になったので用意に取り掛かり
慌てて準備を始める

集合時間のAM2:30には全員そろい、
車で分乗し会場に向かう
会場では早速荷物を預け、
去年苦しんだ大きいものを排出しようと建物内のトイレに向かう
約15分くらい粘ると順番になり
出にくいところを懸命に粘る(笑)
するとそこの照明が感知式なのか突然消え、
慌てて回りをごそごそしだすと緊急ボタンを間違って押してしまい
警報ブザーが館内に鳴り響く(笑)
外から『大丈夫ですか?』の声を頂くも
必死になって『大丈夫です!押し間違いました(テヘ)』
な~んて大声でトイレの中から叫び続けたので
出る時、非常に恥ずかしい思いをしました(笑)

集合場所に戻ると
そこにいるのはおっさんとリンさんとなぜかあの人
スタートくらいは癒し系のリンさんと2人で穏やかにスタートしたかったのに
『この2人に付いて行ったら潰されるわぁ』
とか言っていきなり牽制球を投げられる

こんな調子ではおっさんのデリケートなガラスの心が潰されると思い
スタート直後は去年と一緒
さっと前に出て
心置きなくキロ5ペースでスタートしました(笑)


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まいど、おおきに

昨日もマイコースを10kmジョグ
スピードはともかく10kmを3日連続走っても
身体の異常とかは特に無し
ただ少し腰に疲れがたまってるかな?

レポの続きです

遠征当日、あの人を駅に迎えに行く
もうすでにおっさんの心は戦闘状態(笑)
丹後までの道のりであの人はかなりのジャブを打ってくるはず
ガラスの心を持つ繊細なおっさんはそれに耐えることが出来るか?(笑)

あらかじめシュミレーションは出来ている
必ずと言っていいほど

『サブ10狙うんでしょ?、去年10時間40分台だから行けますよね?』

『僕なんかついていくのは絶対無理、後からゆっくり走ってます』

この2点で攻めてくるのはわかってる(笑)
あいの土山でもかっとび伊吹でもそうだった(笑)
これで必ず途中であっさりおっさんを置き去りにしていく

あいの土山でもかっとび伊吹でも置いて行かれる時はさほど悪いペースではなかったが
おっさんが一番苦しい時を見透かしたように去っていくもんだから
その時のおっさんのダメージは計り知れない
それが彼をおっさんの疫病神と言われるゆえんだ(笑)

おっさんもイタイイタイ詐欺があるじゃないかと思われますが
彼ほどたちは悪くない(笑)
実際痛いんだもの(笑)

しかし彼は無理って言ったことを簡単に覆して
おっさんに心にも身体にもダメージを与える(笑)
今回もサブ11は絶対無理目指すはサブ12って言ってたもの(笑)

実際彼はおっさんより若いし、ポテンシャルもでかい
絶対おっさんより速いはずなのに自分は速くないと言い切って
おっさんを置き去りにするもんだから
いつもおっさんが頑張ってないように見えるのが非常に悔しい(笑)

そこでおっさんは作戦を変え
グループリーダーとしての役割から攻めた(笑)
『大切な人を亡くされて頑張って走れるかなぁ?』
と切り出すと
『はぁ?それなんですか?』
ときたもんだ

そこですかさず
『グループリーダーとして皆のブログを読んでないの?』
と強烈なアッパーカットをお見舞いし
おっさんのガラスのように繊細な心を何とか守る(笑)

この後もお互い細かいパンチを繰り出しなんとか丹後に到着
ますます明日からのレース
彼からのプレッシャーが油断ならないものになってきました(笑)

王将で皆さんとの再会を喜び
ホテルではリンさんのブログでは書けない
あんな話やこんな話に癒され
平常心を取り戻し
レース当日を迎えるのでした

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

土曜日からマイコース10kmのジョグからはじめました
キロ6キープしようと思えば出来たのですが
ここでは無理せず体感で楽に走ろうと
速さは気にしないように走りました
どうもピッチが上がらない様子
速く走ろうと思えば走れないこともないのですが
スピードよりもピッチを170以上にすると辛い
これがウルトラの疲れなんでしょうね
ピッチが180くらいまで楽に上げれるようになれるまで
当分無理せず左足でしっかり立てるように
足裏感覚を重視して身体作りをしようと思います

それではそろそろレポに取り掛かります(笑)

それはある失敗から始まった
わがままなおっさんが言うのもなんだが
この人も結構わがまま、自己中でしかも結構人が良いからたちが悪い(笑)
その上、おっさんにとってこの方はおっさんのランニングに関しては疫病神で
のんびりランニングに取り組んでるおっさんにかなりプレッシャーをかける
しかしながら、ただ人が良いって言うところでこのおっさんに丹後のグループリーダーになってもらおうとメールを送信したのだが、
丹後以前の大会にて車で遠征するとき、
車で一緒に乗っていきましょうと交換したメールを利用して送信したもんだから
誘ってもいないのに丹後遠征におっさんが同乗を誘ったものだと思い込んでいるメールが返って来た
(誤解を招かないために書きますが、おっさんが送ったメールの文章には一緒に車で行きましょうなんて全く一言も書いていないw)
しかしながらラッキーなことにw
その人は当初は会社の後輩と行くとのことで同乗は出来ないとのことでしたので
なのでこっちは山ちゃんのおもてなしを受けながらのんびり丹後に行けるんだと思っておりました

しかしながら丹後の日程が迫ってくると
急激におっさんのマラソンポイントが減り始めるという緊急事態に追い込まれ
やむなく山ちゃんにお断りのメールをいれ
一人ひっそり丹後に向かう予定になりました

すると遠征3日前にあの人が『後輩がDNSしたからおっさんの車に乗ってやろう!』
との勘違いメールが届き
こちらがオブラートを包んだお断りメールを入れたつもりが
『乗ってやろうって言ってんじゃねーか!(゚Д゚)ゴラァ!』
(若干脚色が入っております・・・)
とのことでしたのでおっさんののんびり気分の遠征はこの時点で吹き飛んでしまいました

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
2015.09.26 丹後を終えて
まいど、おおきに

皆様如何お過ごしでしょうか?
速報記事にたくさんのコメント本当にありがとうございます
ブログ村ではアレキさんにすべて持って行かれている感がありますが
ここは地道に丹後の布教活動をしていきたいと思います

それならはよレポを書かんかい!
とのお叱りを受けたりもしておりますが
実はおっさん食あたりで22~24日はくたばっておりました(笑)
この夏、ずっと腸の調子が良くなくて
この100㎞でかなりその腸に負担をかけたようなのですが
アフターでも普通に食べれましたし
次の日の朝食もバイキングをおもっきし堪能しておりましたので
まったくもって油断しておりました

22日の昼前に食べた激辛ラーメンを食べてからおかしくなり
23日は1日ぐったり、24日は会社を休んで医者に行ってきました
初めは食あたりとは思わず、どっか内蔵疾患か?と思って医者に駆け込んだのですが
血液検査、CT検査をしてもらい大きな異常が見られなかったので
医者に『単に腸が疲れたところに生ものを食べたとかの食あたりとちゃいますか?』
と言われ、拍子抜けしながらもほっとして帰って来ました(笑)

まあそんな感じで1日会社も休んでしまったので仕事も溜まっており
今日1日は忙しかったのですが
レポの方もボチボチ書き始めたいと思います

それよりもまず来年に向けて大事なことを忘備録として
ここに記しておきます

① 今年は気温が低かったがそれでも暑かった 30㎞辺りから常に飲める体制でも良かったかも その対策を考える
② ドロップバックにボトルポーチ用のお茶を入れてみては? 日本人はお茶が飲みやすい(笑)
③ エコノミーな走りを心掛けたが全くもってエコノミーな走りなどは会得できていなかった 去年と同じところの脚攣りはまさしくその象徴
④ ペース配分はもう一度検証する価値あり 特に復路の七竜峠の上り坂で力を使うと一気に脚攣りで動けなくなる
⑤ 芍薬甘草湯は必需品
⑥ シューズはスカセンは脚が売り切れている時は辛かった サブ10を余裕で突破できないのならGT-1000がベスト
⑦ 40~67㎞をいかにコンスタントに走り抜けることができるか?
⑧ 今回碇高原のエイドから3時間以内でゴールできたので碇高原エイドに7時間以内が一つの目安

これはあくまでもおっさんの目安ですよ(笑)

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

まいど、おおきに

ゴールしました
去年の再現(笑)
安定の10時間40分台
成長しておりません(笑)
最後はやべっちさんとランデブーゴールしました
応援ありがとうございました
丹後は甘くありませんでした

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
2015.09.17 丹後3日前
まいど、おおきに

やっと丹後3日前だw
おっさんはこの一週間ずっと丹後に集中してたんだぜ
と言いたいところだが
OPPやら仕事で疲れて集中させてくれなかった…

東京マラソンもおっさんだけコソッと当選して
ほくそ笑んでるんじゃないか?
とのうわさにもめげず
丹後に集中したいのに集中させてくれないw

当日走るシューズもスカセンで行こうかと固めつつも
なぜか今頃GT-1000で走ってみようか?
なんてことも思いだしている
疲れたときの踵の安定はしっかりしてるからなぁ・・・

今回の丹後は気候のコンディションも最高のようだし
是が非でもうまく攻略して走り抜けたいと思っていますので
まだ最後まで悩みそうです

あぁ
東京の件ですが、
普通に外れてます
サプライズは無し(笑)
これで当たってたら上から目線で大阪マラソンくそ食らえ!
的な発言もあったかもしれませんが
もちろん無し(笑)

これからもマラ神に
『来年も走らせてくださいませ』
とお願いするのみでございます


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

最近エコノミーな走りを考えておりますが
毎日がいつものようにうまく走れるわけではありません
常に毎日修正を考えさせられます
しかしこの美女のブログからこんなヒントを頂きました
肩甲骨を意識するとかなり修正が楽になりました
以前おっさんも競歩について記事にしたことがありましたが
彼女の記事から一度競歩の指導を受けてみたいなぁって感じました

さて丹後の装備ですが
着る物は去年とほとんど変わらず
ボトルポーチも弥栄地域公民館に置いておく程度で
何も持たずに走る予定です

唯一つ迷っているのがシューズ
最近のウルトラでは鉄板のライトレーサーで最近のモデルのRS4か
東京で履いたスカイセンサーグライド2にするか・・・

ライトレーサーは今まで走ってきた実績で安心感がありますが
今回のニューモデルは若干サイズが小さい気が・・・
もしこれで走るとしたらインソールを薄いのに替えるか無しで挑む予定

今までロングは避けようと思っていたスカイセンサーは
最近意識するエコノミーな走りができているかどうかが
フラットソールの分意識しやすいので
長時間走って疲れたときもそこを意識できるのではないか?という期待があります
ただし、雨で路面がきつく濡れた状況の下り坂はあのフラットソールでは滑りそうで怖い

色々考えることもあり、これは最後まで悩みそう・・・
当日決めるかもしれません


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

いきなり台風の発生がありましたね
一昨年の再現は勘弁です・・・

少しくらいは需要がありそうなので
前編の続きです

『弥栄地域公民館』
ここは今日1日嫌なことがある日の朝の雰囲気に似ています
今から最大の山場、碇高原に向けての準備する場所のように設定されているからです
しかしここであまり長居することはお勧めできません
ドロップバックの交換とエネルギー類の補給等を済ませると
さっさと出発することをお勧めします
それから約平坦で単調な5kmでリズムを作っていただいて
60kmから先の碇高原に突入します

はっきり申しまして七竜峠を越えるより
坂の斜度なんかはたいしたことはありません
坂道を登ること自体がつらいことですが
ほんとにきつい坂は最後の1km程度です
なのに何故つらいか?と申しますと
① だらだらとした坂が途中下るとこもありますが10km近く続くこと
② すでに60km走って来た身体であること
③ 時間的に昼間に差し掛かり気温が上昇し、なおかつ日陰が少ないこと
になると思います
ここは人によって対策の採り方が色々あると思いますが
完走に向けての一番の正念場でしょう

ここを過ぎると下り坂が始まり
碇高原のエイドがあります
ここでも時間があればマッサージを受けることが出来ます
ここまでの疲れを取るとかこれからの急な下り坂を耐えるためでも良いでしょう
ただし、標高が高い為、あまり長居をすると身体を冷やして
動きづらくなる為ほどほどに

碇高原を登り切ると達成感を感じ終わったかのように思えるかもしれませんが
ここからが丹後(笑)
今まで上って来た高さを今度は約5kmで一気に下ります
2度目の七竜峠の下りより長い分つらいと思います

このくだりが終わると今度は綺麗な景色の海岸線ですが
この海岸線が絶妙につらい上り坂
岬の先に坂道の頂点があるのですが
そこまで行き着くとまたさらに同じような海岸線がその先に見えます(笑)
おそらく碇高原で心が折れたように
ここでもしっかり心が折れると思います

綺麗な海岸線を走っているということを忘れたころに
やっと最終関門の丹後庁舎に到着です
ここもマッサージをやっておりますが
ここのマッサージはどうなのかはなんともいえません
ただ、ここまでくればもう大丈夫
あまり大きな難関はなさそうだし
ゴールまで後13km
いつも練習で走っている距離とさほど変わりないし・・・
と思えるのではないでしょうか?

ただはじめて走る方々にとっては93kmあたりの
まっすぐ直線の約500mの上り坂は心をおられると思います
そこを上りきりラスボスの旧三津小学校エイドの壁のような上り坂は
さらに心が折れると思います
ただこの坂も短く200mくらいです
ここを過ぎて走れる状態だともう後はカウントダウンを待つだけです
かなり長いですが、もうすぐゴールだと思う気持ちで走れると思います
ゴール前は
『お帰りなさい』
の挨拶を受け、感動のゴールへ突っ走ってください

参考になるかどうかはわかりませんが
騙されたと感じながら(笑)走ってください
頑張って皆で完走しましょう!


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

昨日の朝、突然ミスターXからの指令を受け
太陽が丘に行ってきた(笑)
今回の出動命令の目的は来年以降にミスターX氏が
出場するかもしれないので
その偵察だ!(笑)

もちろんおっさんはこれは罠だとわかっている
だっておっさんこんな罠に実は引っかかっているんだもん(笑)

その後、おっさん二人は違う大会に見学に行く
その大会は先立つものがないおっさん二人にとっては全く無縁な大会だ
各ショップが展示している商品もラングッズとは違い
ウン十万とするようなすぐに買えない商品ばっかりだ
では何故そんな大会を観に行くかと言えば
スケベなおっさん二人が このお方が出る大会だからってことは内緒の方向でお願いします・・・(笑)

しかし、このお方とご挨拶できたにもかかわらず、
二人があまりに変なおっさんなので
ご自身の記憶の中からおっさん2人を追い出しておられた様で
会って声をかけた瞬間、頭の中がグルグル回っていた様子・・・

まあそれでも色々楽しめた1日でした
えーかわさんありがとうございました

丹後2週間前と何の関係があるねん!
しっかり走らんかい!
と言う話はノーコメントにさせて頂きます・・・

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

おっさんは今回3回目の丹後ですから
そんなに驚くことはないと思いますが
初回はダチョウクラブの『聞いてないよ~!』(古!)
って感じのところが何箇所かありましたので
あくまでもおっさんの主観ですが記録しようと思っております

最初のスタート
まあ暗いですがライトがいるか?
と言えば、気にならない人はいらないでしょうし
気になるなら持っておいた方がいいって感じでしょうか?
スタート直後より七竜峠の登り始めのほうが暗いです

丹後のポイントはこの七竜峠と碇高原と言いますが
最初の七竜峠はスタート直後で元気なのと、
暗さで斜度を感じにくい、
多くの人に流される感じがあって
思ってるほど辛くなかった様に思います
皆で走る足音が良いテンポになって上っていけます

この七竜峠を下った後
恐らくtenkoさんの声援を受けて走ることになるでしょう
帰りも時間がうまく会えば声援を受けるはず・・・

それから久美浜湾を1周するのですが
この1周がフラットだと思い込んだら
えらい目に遭います(笑)
高低差の地図には現れないアップダウンが結構あり、
七竜峠を下り終わると視界も開け、そのアップダウンも目に感じるようになります
アップダウンの程度もフルマラソンであれば結構きついなぁって感じる程度のものです

今年はどうなるかわかりませんがエイド1km手前に
エイドまで後1kmの表示がされてますが
1kmっていうのがこれほど遠いんだって思う様になります(笑)

そんでもって久美浜湾を1周して
楽しみにしているのが
私設の梨エイド
ここで梨をほおばって走ります(笑)
早く着けば梨の皮が剥いてありますが
遅いと皮付きだそうです(笑)

七竜峠まで戻ってくると
その七竜峠の最初の坂の斜度を見て
『マジか?』
と思って心を折られるので注意してください(笑)
この峠を何時間か前に越えることができたのが不思議なくらい(笑)
ここから頂上までは我慢大会
頂上が見えたときは一仕事が終わった感覚
しかしながらまだフルマラソンは走りきっておりません(笑)

この後、上りで疲れ切った脚に追い討ちをかけるように
今度は急な下り坂
さらにダメージを重ねてください(笑)
ここを下りきったところの浅茂川漁港のうどんを頼りに頑張るしかありません
脚にダメージを溜めた人にはそこでファイテンのマッサージを受けるのも良いでしょう
一昨年は女子学生にマッサージを受けた人もいるそうで(笑)

そこからしばらくはサーファーのいる海岸線で目の保養を受けながら(笑)
街中を抜け、山手に向かいます
途中、『何でこんなところ寄るねん!』
と思わせるような信号と嫌な坂のある
去年までは『あじわいの郷』と呼ばれていた、丹後王国『食のみやこ』を通り
最初のドロップバックのある弥栄地域公民館に着きます

結構長くなってしまったので2つに分けます
こんなの書いて読みたいと思うかな?(笑)
他、走った人はどう感じたのだろうか?


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

うちの会社で今年のUTMB出て41時間台で完走した人がおりまして
昨日、話を聞かせてもらいました
やばいそうです(笑)
ゴール前でで大きな日の丸の旗を持たせてもらい
『ハポネ!ハポネ!』の大声援の中、
ゴールを果たしたそうです
ご両親も応援に来られていたようで
涙されていたようです

YouTubeでもUTMBのゴールシーンを何回か見たことがありますが
そらあの場所、あの雰囲気の中でそんなことされたらたまらんやろなぁと思います
あれをあじわったらやめられんと言っておりました
次は砂漠を目指すそうです(笑)

おっさんは丹後を目指しております(笑)
今回も性懲りもなくキロ5で突っ走ります(笑)
しかしそれは気持ちだけ
力の入りやすい右足を温存するのが今回のテーマ
右足に力が入らない程度で走れるスピードで走るつもりです

行ける!と思ったり、上り道に入ると自然と右足に力が入りますので
そこをいかにエコノミックに走るかをテーマにしたいと思います
これで七流峠、碇高原を大きなブレーキ無しで登りきれたら
おのずと目標が見えてくると思います

ベストは碇高原を登りきったあたりにある70km地点で
6時間半が目安なのですが
かなり厳しい目標であることは自覚しております
不安要素としては7~8月にロング走が一切出来てないこと
6月までウルトラ3連発の疲れが取れてよかったと出るか?
それとも走り込み不足で撃沈となるか?
ある意味それはそれで楽しみです


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村