久々の更新となりますが
皆様如何お過ごしでしょうか?
皆様と言ってもほとんど数人の方に見ていただけるか?って感じのブログですが・・・

先週、丹後のために体力作りのためと思い、調子に乗って
会社往復30km自転車
ジムにてスイム3km
最後にラン10km
これってトライアスロンオリンピックディスタンス並みじゃね?
って感じでやっちゃいましたら
また脹脛をやっちゃいました・・・
まだ完全に癒えていませんでした
で今週はトレオフ気味です
何にも体力が増強できていません(><)
今日あたりから様子を見ながら、あせらず再始動をしてみたいと思います

今後とも宜しくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
追い込んでみました
と言っても走り込みとは違います
シューズです
何故、どのように追い込んだと申しますと
以前から野村シューズマスターの考え方に共感しておりまして
それからasicsのGT-1000やGT-2000NY
などを購入し走っておりました
それなりに満足していたものの
野村さんのブログで書かれているような他の人の感想ほど自分はあまり実感しておりませんでした
今まではGT-1000は25.5cmを履いておりそれなりには走れるのですが
右足の裏の真ん中にタコを持っており、10km以上の長距離を走りますとそこが痛くなってくることがあります
GT-2000NYの25.0cmに関しましては踵の靴擦れとつま先の痛みが出て走れなくなったことがあり、
今ではランニングではほとんど履いておりません
で、自分なりに結論を出し昨日購入したのが
GT-1000のレディースの25.0cm
今までのGT-1000の25.5cmでは少し先が余る
GT-2000NYの25.0cmでは親指あたりはちょうどだが他の指が少しルーズ
GT-2000NYslimの25.0cmも考えましたが
GT-2000NYシリーズは履いた感触が外に逃げる感じがするので
ここはあえてレディースになりますがGT-1000の25.0cmにしました
(GT-1000シリーズにはslimタイプがありません)
履いてみた感じはこれですimage[1]

肥満児のようでブサイクです(笑)
あまりに太いためシュータンが足りません(笑)image[2]

かかとも隙間なくフィット(笑)image[0]

これは今まで履いていたGT-1000の25.5cmですが
外反母趾のような親指の付け根あたりが突き出ていて色が変わっていますimage[3]

でも今回購入したシューズはそれよりもこの分細身ですimage[4]

なので履いた感触はかなり窮屈ではありますが痛みはありません

で、本日、雨上がりの涼しくなった頃、試走しました

履いた感触としてつま先は少し圧迫感はありますがあまり痛みはありません
今までと同じようなシューズを履いているにもかかわらず、軽く感じます
あれだけはちきれた感じのシューズの写真を見ていただければわかると思いますが
靴の中で足は全く動かない感じです
指すら動かない感じでしょうか

いつもの用に6分/kmペースのつもりで走ってみましたが
時計を見ると5分30秒/kmまでスピードが上がってました
このペースは終始衰えることなくハーフを走りきりました
右足のタコの痛みは全く出ませんでした
GT-2000NYの25.0cmを履いた時の様な踵の靴擦れとつま先の痛みも出ませんでした
やっとシンデレラのシューズを見つける基準ができました
せっかく高価なシューズを買ったのだからその効果を出したいものです
皆さんもチャレンジしてみませんか?


よろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
皆さん如何お過ごしでしょうか?
私は最近買いましたクロスバイクにて自転車通勤なるものを始めました
それなりに快適ではありますが、さすがに全くしんどくないことはなく、
特に暑さからくる汗は尋常じゃないので
会社に着くと冷房に当たりっぱなし、帰りはプールに直行となってしまいます
片道15kmとこの暑さ故、毎日とはいきませんが、2日に1回程度の間隔で今後も続けたいと思っております
伊吹山後の腿の筋肉痛はもしかしてこの自転車通勤によるものだったかもしれません(笑)

少し話がずれますが、伊吹山でお会いした皆様からは『し〜やんさん』と『さん』付で呼んでいただいたのですが、
普段会ってる気さくな友人からは小馬鹿にするような感じで『し~やん』と呼ばれていますので、
なんか気色悪い感じがしました
故にこのブログを読んでいただいた方は別にいちいち『さん』付でなく、
『し~やん』と呼び捨ててやってください

で本日の本題に入ります
今日は久々のランニングでやってやるぞ!感覚が前日から有りまして
できれば60K行っちゃう?と思っていましたが
朝、あまりの蒸し暑さから体がだるく、2度寝しました・・・
で予定変更で30Kのいつものコース、もし快調に走れればフルの距離まで行っちゃおうと
9:30スタートで走り始めました

コースは南下するコースで
30Kならば上狛のファミマで折り返し
フルならばならやま通り折り返し
になります

伊賀忍者の時もスタートの山城多賀駅まで走ったのですが
その時と比べても尋常じゃない辛さ
山城多賀駅に着く前に折り返して帰っちゃおうか?という感じでした
足はそれほどでもないのですが、気分か、気持ちか、何かが折れそうでした
これが暑さからくるダメージか?と思いました
もちろんこの時は既に最高に走っても30Kになっていたのは言うまででもありません
とりあえず丹後があるからという気持ちだけで前に進みました

途中特にこれっていう出来事もなく、
(もしあったとしても気づかないくらいに疲れてた)
頑張って走れる時もあり、気持ちがプッツリ切れるときもありで
30Kの距離をなんとか家まで戻って来れました
比較的平坦な道を選んだにもかかわらず、時間は3:47でますます丹後完走が怪しくなってきました…
完走するにはどんなトレーニングをすればよいか?
誰か教えていただけますか?

よろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
2013.07.09 伊吹山!
皆さんは早々とブログをアップされている頃、
帰宅して直ぐにすきっ腹にビールをグイッと飲んで夜中まで死んでました・・・。
昨日の夜まで皆さんのブログを探し、お礼のコメントを何とか書き終え
やっと自分の報告に至る次第です(ただのおっさんの言い訳です

井手さん以外は始めてお会いする方ばかりで
井手さんに関しましても今日で2回目。
僕にとって完全アウェー状態でした
ということで今回の目標は
① 一番おっさんだと思うので最低限の良識のあるおっさんと思われたい
② 今までの経験上、調子に乗りすぎて怪我をして迷惑をかけることが多かったので、怪我等で皆さんの迷惑をかけない
でしたが、あれだけ井手さんに山頂は寒いからそれなりの用意をしてくださいね
とご忠告を受け、その用意は絶対必要だ!と思っていたのにもかかわらず
誰とは申しませんが、前日に50km走ってこの暑さはたまらんとブログに書いてあるのを見て、すっかり暑さ対策のみの準備しかしていませんでした

それであと水も何リットル持っていこうか?
ハイドレ2リットルにボトルポーチに2本の合計3リットルで足りるか?
なんて考えていましたが、
えーかわさんが周りの人に『1リットルで充分や!』と突っ込まれているのを見て
ハイドレをこっそり車の中に隠したのは内緒です

一応、予習といたしまして今回参加される方の何人かのブログを覗かせていただいたりしたのですが、
お会いして自己紹介が終わっても記憶力の無いおっさんには誰が誰だか(おっさんだから女性は1発で覚えたことは内緒)わかんない状態のまま走り出す感じでした

最初前に出て走ったのも後から追いついて直ぐにスタートされると辛いのでしんどくても前に行く作戦
山頂に着いても皆さん寒いっておっしゃっていましたが
おっさんめちゃめちゃ興奮していたのと無理してbgさんについていって体が火照ってあまり寒さを感じていませんでした
下りになりますと自分がいかに下るのが下手なんだなぁって思いました
下手ゆえにこけて顔面から突っ込んで怪我をしないようにと思い降りていましたが、
その分腰と腿にかなりダメージを受けました

最後道に迷って僕の適当すぎる道案内にお付き合いいただいたTAKAさん本当に申し訳ありませんでした
丹後、神戸、奈良とご一緒させていただく話もできてよかったです
走った後のお風呂も最高!
おなかが減ったときのローラさんのういろうはめっちゃうれしかったです
ここで皆さんとビールとかでワイワイやれたらなんて思ったりしました

ブログという自分にとって全く異次元の世界に突入したことによって得られた今回の企画への参加は、ほんとブログをはじめて良かったという1日になりました
皆さんに比べ、つたないわかりにくい文章や、ブログ、PCに関する知識にも乏しく、
すばやくカメラを出してシャッターチャンスを逃さない皆さんに比べるとこのままブログは続けられるのか?と考えたり
走るときの皆さんのえーかわさんへの突っ込み満載を見て、
走りがブログに変わったとき、皆さんの僕への突っ込みをえーかわさんのようにうまくボケて笑いでかわせるか?
な~んて考えたりもいたしました

今回参加してお会いできた皆様、慣れてくるともっとご迷惑をかけるおっさんではありますが、もしよろしければ末永くお付き合いを頂きます様
今後とも宜しくお願いします

しゃーないし付き合ってやろうと思っていただけたなら
よろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
昨日あたりから筋肉痛も癒え、少し走ってみましたが
蒸し暑くなってきましたねぇ
これから夏本番、体調に気をつけたいと思います

さて、続きです
井出さんを待っておこうかと思いましたが
これから長い上り坂が続きそうな感じなのと、
食べたばかりで走ると体に悪い←ただの言い訳
のですぐに追いつかれるだろうと思い、先に出発しました

しばらく民家だったのですが、其の辺の住民の方は僕たちを見て
マラソンをしているようには見えなかったと思います
もう誰ひとりとして僕の周りは走っている人はおられません

民家を抜けると茶畑が広がりだんだん坂も急になってきました
行っても行っても茶畑です・・・

やっと茶畑を抜けると山道に突入
さらに坂がきつくなっていきます
一歩一歩がアキレス腱体操のようです
アキレス腱体操みたいやと独り言をブツブツつぶやいていると
不意にあのブログを思いだしさらに力が入らなくなって
ほんとに止まって休みたくなりました
この山道、もう上りはこれで終わりかと思わせておいて
さらに上に行かせる意地悪なコースで気持ちはぷっつり切れてしまいました

次のエイドまでほとんど走っている人を見ずに到着しました
ここのエイドでは焼きたての焼きそばを用意してありましたが
先ほどのエイドで食べ過ぎたのかあまり欲しくなくて
少し給水をして、すぐに出発しました

そこからは川沿いをずっと下る道で
疲れた膝にダメージが来る激下りもあり
体も心もフラフラ状態でした

先の方に主催者の井上さんの姿が見えたときは
あそこで吹き矢をするのか?と思いましたが
今年は無くなって、その代わりかどうかは知りませんが
カボスジュースを振舞ってくださいました
このカボスジュースなかなか美味しく生き返ったように思えました

民家が見えもうすぐゴールだと思いきや
最後に急な上りの坂道が3回程度有り
クタクタになりながら橋を渡り、ゴールにやっと到着しました

ゴールしてから20分後に井出さんも到着
一緒にお風呂に入って、ジュースを飲みながらお話をし、
JRで一緒に帰りました

伊吹山をお誘いいただいたり
GPS時計のペアウォッチを見せ合いしたり
楽しいひと時を過ごさせていただきました

井出さんのおかげでブログ村を通じていろんな友達の輪ができそうで
感謝しております
ありがとうございます

よろしくお願いします
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
続きです
1つ目の山を超えると次は2つ目の万灯呂山(大峰)を目指します
この山を越えるための上り坂はさすがに急で皆さん歩き始めました
いつも上り坂になると井出さんに追い抜かれていましたが
獣道の上り坂で狭く、ましてや皆さん歩き始めて長い列が出来たために
追い抜かれることなく頂上までたどり着きました
ここは眺めも良かったです

181380336_624.jpg

ここからの下りは舗装路になっていて
その先も急な上り、下りの舗装路が続いており
自転車のヒルクライムのトレーニングをされている方を多く見かけました

急な上り坂のある山を2つも超えたからか
このあたりから足を痙った人がちらほら多く見られるようになりました
僕は最初から上り坂を無理せず歩いてましたので問題なくクリアです

万灯呂山(大峰)を下って大正池の手前で一つ目のエイドです
ここでハイドレーションに満タン補給してもらい再スタート
3つ目の山を目指します
ここまで来ると周りも緩やかな上り坂でも歩く人が目立つようになり
例外に漏れず、僕も歩きです

3つ目の山を下ると昼食の猪汁です
181380422_624.jpg

お腹が減っていたのでおにぎり3つに猪汁2杯おかわりいただきました
食べ終わりスタートする頃に井出さん到着
この時井出さん体調不良を訴えておられたのですが・・・

続きます

よろしくお願いします

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
伊賀忍者武術大会山城編マラニックに参加してきました
結果は約43km、6時間とちょっとの時間で完走できました
先週の火曜日に痛めた脹脛の調子があまり良くなくて
テーピングとサポーターを施し、出発地点まで家から約6.5kmの距離なので
出発地点まで何事もなく走れたら参加、少しでも異常があればDNFと決めて出発しました
ザックを背負って大会初参加と
そして何よりも今回は初めてブログ村の人とお会いし一緒に走れることで
テンションマックスでした
お相手は井手さん
井手さんはどのような好みかと過去のブログをさらっと読み直し
しっかり用をたしてアルコール消毒まで施しておきましたwww

出発地点に到着して脹脛に違和感がないのを確認し、受付にて今日のコース地図と参加賞を頂きました
地図を確認していると後ろから声が・・・・
なんと主催者の井上さん!
『この参加賞ええで!、百貨店で2千円位で売ってるしな!物が違う!』
キョンセームを絶賛しておられました

荷物をまとめて井手さんに来ておられるか確認メールを送りますと
電話で返信がありました
ブログでのイメージは少しナヨッとした感じかな?と想像しておりましたが
思ったよりがっちりした体格にイケメンの好青年でした
で、出発前に記念写真
伊賀忍者1


森脇健治のリレーマラソンのときも火曜日も上りで痛めているので
上りは無理しない、飛ばさないを条件に
いかに井手さんについていって完走するかを目標にしました

もう一人僕と同い年くらいのおじさんと井手さんと3人でおしゃべりしながらトイレを済まし、井上ワールド独特の適当スタートで始まりました
最初、山城大橋から流れ橋の河川敷コースを走る予定が奈良方面へ南下し山道を通って帰ってきてから去年のコースへ入るルートに変更されてました
平坦な道では3人並んでおしゃべりしながら走ってましたが大きな上り手前で背中が冷たいのに気づき、調べたらハイドレーションにアクシデント!
半分の水がこぼれ出ていました(泣)
この原因については今になってもなぞです・・・・

山道に入って急な坂ばかりなので無理せず歩きました
すると井手さんとの差が開き、
次にくる下り坂で少しがんばって井手さんを抜き
また上りで逆転という状態が続きました
途中サルが出てきて井手さんから30匹のサルに囲まれた話等を聞きながら一つ目の大きな山は無事クリアできました


つづく

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村