2017.04.26 召集令状
まいど、おおきに

おっさんの家にも
ついに野辺山から召集令状が届いた

今年で2回目
去年は初めてで怖いもの知らずで頑張れたし
なんと日本屈指のコースでPB更新
ちょっと自信が持てた大会でした

去年の飛騨高山がそうであったように
2回目は前回の良い思い出しか残ってなくて
記憶のないきつい坂が出てきて心が折れたことがあって
今年の野辺山もそんなことがあるんだろうと
ちょっと気持ちが病んでます(笑)

野辺山を制すればウルトラを制する

と言われるだけのコース
恐らく家族の理解を考えると
今回が最後の挑戦になりそうと考えると
もうちょっと1~3月のコンディションはなんとかならなかったか?
とか後悔はしておりますが
今は自分ができる準備を頑張ってるところで
なんとか間に合わせるところまできたかな?と思っております

丹後も大事だけど
今回の野辺山はそれに匹敵するくらい大事にしたい大会
記録はもちろん目指しますが
それ以上に悔いのない走りをしたいなぁと思っております

悔いのない走りって何かわかんないけどw


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
まいど、おおきに

全く関係ないですが
浅田真央ちゃんが引退する報道がありましたね
全くフィギュアスケートなんて解っていないおっさんですが
テレビで改めてソチオリンピックのフリーの演技は素晴らしかったと思います
集大成のような凄みと言うか
観ていて圧倒されるような感動がありました
レベルが違いますがおっさんもいつか集大成のような走りができたら・・・
な~んて思っちゃたりしまいました(テヘッ)

昨日まであんなことを書いてましたが
今年のおっさんはどないすんねん?
って事ですよね?
で、去年の記録を掲載

ラップタイム
10km    53:52
20km    1:03:09
30km    0:59:07
40km    0:54:16
50km    0:52:36
60km    1:08:33
70km    1:08:52
80km    1:27:05
90km    0:52:47
Finish    1:15:52    10:36:09

改めて見ると
去年のおっさんは凄いなって思うんです
いくら下りだからって90kmのラップが最速に近いんですから
最後の10kmはチ~ンですがw

これを見てあそことここをこうすればサブ10だ!
な~んて思ったりするんですけどw

去年は心身ともに絶好調
今年はまだ左足首に違和感が残り
去年をピークだと考えると現在5割程度
ここからコンディションを上げていって
どこまで去年のおっさんに近づけるか?ってとこなんですけど

レース終わってからしばらく経って
あーすれば良かった、こーすれば良かったって思うんですけど
現実その時はそれでいっぱいいっぱいで
できるはずは無いんですよね
特に50km以降なんてのは・・・

ってこともふまえましてどうすんねん?って事で
今年は去年より10~30kmを頑張って走って
後、これからコンディションを上げて去年に近づけて
10時間半を切れるように頑張っちゃおうかな?
と今のところは思っております

この目標もおっさんのコンディション次第だって事です
この1月から3月まで底だったコンディションも
やっと上向きになってきて
今週末、おっさんのマイコース50kmに挑戦してみようと思います
それでどれくらいまで持っていけるかがわかるんじゃないか?
と思っております・・・




あの50kmを走らなあかんのか・・・(白目)


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

もしおっさんが14時間ギリギリランナーとわかっていて
野辺山完走に挑戦するとすれば
去年の経験を元に
どんな作戦で行くか?
と問われれば

『下りにすべてをかける!』

にすると思います
あえて言いますが
おっさんは下りがそれほど強いわけでは有りません
普段でも下りでキロ4で走れと言われると
心肺も肉体的にもかなりきついと感じます

具体的にどれくらいのスピードか?と聞かれると
下りは全てキロ5を目標にして
フルマラソンサブ4より上回らないタイムで走るくらいでしょうか

ではどうやって野辺山を攻略するか?
おっさんなりに考えてみましたのでご説明します

まず、キロ7分以上かかりそうな上り坂はすべて早歩きにする
早歩きというのがポイント
上り坂で辛くなったら脚を止めてしまいそうになるが
そうなる前に早歩きに切り替え、脚を止めない

特にスタート後の10kmはキロ7分を切って走れると思いますが
トレイル区間に入ってしまうとかなりきつい上り坂区間が出てきます
そこを最初に体力があるからと頑張ってしまうと
高地でもありますので心肺がさらに負担がかかります
脚が疲れてくると下りでも脚が辛くなりますので
その後に来る下り区間をしっかり走ることが出来なくなります

最高地点までずっと上り坂のように思いますが
何箇所かは下る区間や走れる上りもありますので
そこはしっかり走ります

また最高地点を越えても
また逆に急な上りがあるのが野辺山なので
そこはしっかり早歩きに切り替えます

急な上り坂で早歩きに切り替えるメリットとしてまとめますと

① 脚を止めないから、脚が固まりにくい
② 心肺を落ち着かせることが出来る
③ 脚が走るよりダメージが少なく、その後の下りが飛ばしやすい
④ 補給食を取りながら前に進むことが出来る

そうすれば後は下り坂でいかに距離を稼げるか?
ということになります

ずっと平地を走り続けるコースよりも
走るところと歩くところにメリハリをつけて攻略すれば
そこそこ可能性の高いプランができるのでは?
と思うのですが如何でしょうか?

尚、これはあくまでおっさんの見立てで考えたプランなので
自己責任でお願いします(笑)


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

では早速後半戦から
もう一度コース工程図を

high_low.jpg

まぁ、おっさんがあえて説明するまでも無いことなのですが
勝負どころは50km~71kmまでの区間
完走するにはここを3時間くらいで走りきるのがポイントになるかと思います

その中でもコース内で唯一、すれ違い区間になる
北相木村エイドの59kmまでの往路と
そのすれ違い区間が終わってから始まる
滝見の湯エイド71km地点までの上り坂
をどれだけ頑張れるか?になると思います

工程図では全体的に緩やかな上りに見えますが
うねるような上り坂なので
50km以上走っている脚にはかなり辛い
でも完走するにはここで走れないと
その後は絶対に走れなくなってます

71kmから馬越峠まで
これを走れるのでしたら
完走はある意味間違いないでしょう(笑)

後は90km手前からは気力のみ(笑)
完走したいかどうか?で決まると思います

あっ!
言い忘れましたが、
基本、すべて下り坂は止まらず走ることが条件になります(笑)

おっさんがあえて説明しなくても解る様な事だったでしょうが・・・
お互い頑張りましょう!


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

今日は久しぶりに近所のマイコース10kmを走る
最近は帰宅ランなので平地が多いから
少し堪えるかな?と思ったが
スピードも出してないからかそれほどでもなかった

しかしながら汗冷えでお腹が調子悪くなり
途中でトイレに駆け込む(笑)

野辺山の朝は冷え込むので注意が必要
あと歯磨きの時に歯がしみると
調子が下降気味であるのが最近分かってきたので
コンディションをこれ以上落とさないように注意

その後、嫁と愛犬とで花見
来年も一緒にできるかな?

それでは予告通り野辺山の話
一番の注目はこのコース工程図
high_low.jpg

ここで注目していただきたいのが50km地点
見てお分かりのようにここ50km地点は
スタート、ゴール地点より低い場所に有ります
ということはここを7時間で通過しているようでは
完走はノーチャンス

前半50kmと後半50kmで1時間余裕を見るとしたら
6時間30分がリミットと見るべきでしょうが
朝の冷え込みとは違い
ここを通過するときは昼間になり
その高低差よりかなり暑く感じてしまいます

よってそのことを勘案すると6時間以内というのが
本来のリミット時間と見るべきでしょう

実際、去年の記録で見ると
完走ギリギリのタイムの方がこの6時間前後が非常に多い
6時間30分を超えてゴールされている方は数名しかおられません

それから逆算すると42km地点の八峰の湯エイドに5時間以内となりますが
ここは高地で空気が薄く、
トレイルも有り、
さらにフルマラソンで見られないような激坂が多いので
フルマラソン4時間30分で走り切るくらいの走力が求められると思います

50km先以降は明日に

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村