まいど、おおきに

一昨日に報告しましたロング走ですが
この5回目のロング走は丹後で期待を抱かせるような結果で終えたかったのですが
とりあえずお約束の5回をこなしたという結果になってしまいました

最初の走り出しから判っていたんですけどねw

なんせ朝一番から体が重い
これは恐らく走らないといかんのだろうという
プレッシャーからくるものだと思っておりました

7時半ごろ出発
もう走りはじめからあきませんでしたね
最初1キロはキロ7分を切れず・・・

この時点で50kmを最低でもサブ10ペースの5時間以内という目標は
やめときましたw
最初っからこれだけ辛いのなら
ここは50km地点以降どれだけ粘れるか?の練習だな
なんて勝手に解釈し直してておりました

コースはマイコースの奈良のイトーヨーカ堂を折り返しのコース
最初の往路はずっとすぐに折り返して帰りたい気持ちでいっぱいでした
行けば行くほどゴールが遠ざかりますからね

今回の練習は何の収穫も無かったと思いましたが
最後までやり遂げる精神力のトレーニングにはなったのかな?w

コンビニ休憩もできるだけ取らないつもりでいましたが
取らずにいられない感じでした

精神力のトレーニングになっていねーじゃねえか?w

氷で首筋を冷やすとかなり楽になったので
気温が高いのがかなり影響があったってことを願うw

走ってる間はキロ6前後のスピードを保てましたが
最後の3km程は辛くて歩いちゃいましたw

最後の最後でトレーニングを台無しにしてるじゃねえか?w

毎年丹後の40km地点での脚攣りに悩まされているのですが
このロング走でも40km過ぎ辺りでその兆候が見られ
本番の不安が増大w
水分不足なのか塩不足なのか
それとも走力不足なのか?

走力不足でないことを願うw

もうおっさんロング走をしたくないから
願うことばっかりw

サブ10への道はツライw

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まいど、おおきに

ついに参加案内が発表されましたね
60kmについては若干の変更があるようですが
100kmは3番目のエイドが若干後ろにずれる程度で
ほとんど変更無し

エイドの食べ物も去年ソーメンと言われたうどんがw
今年はへしこのおにぎりに変更になった以外は
ほとんど一緒

後は当日の体調と天気ですかね

去年の走りがあまりにもふがいなかったので
今年はそれに対するリベンジの気持ちが強いです

ほとんど変わりないことも予測できていましたけど
この参加案内が発表されると
ぐっと気合が入ってきますね

今年もグループトライアルの募集をやっておりますが
表彰されるのは上位3チームのみ
ただ、去年の成績を見ると
上位3位に入るにはサブ10ランナー3人で可能性が膨らむようです

あの人とあの人がサブ10になりそうだから
あとおっさんが頑張ってサブ10を取れれば・・・

なんて自分でプレッシャーかけてどないすんねん!w

エントリーします?w

一緒に参加される皆様
自分の目標に向かって
共に頑張りましょう!


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

今日から8月
しかも夏休み突入ということで
今日から走り込みのはずでしたが
朝からだるくて走り出せず
11時前に走り出したものの
3kmで終了

おっさんもさすがにお疲れのようです
明日はマラポ獲得のため
嫁さんとお出かけ
この8月はおっさんは本当に走り込みができるのでしょうか?w

*************************************

碇高原を上り切ると
しばらく平坦な道のりから
徐々に下り坂になっていきます
視界がひらけてくると
先の方に碇高原事務所のエイドがやっと見えてきます

ここのエイドでもマッサージをやってくれます
やっと碇高原を制した気分でホッとしているところでしょうが
ここであまり時間をかけると脚が固まってえらいことになります

というのもこれから始まる急な下り坂です
走り終わった感想の中には
この下り坂が一番辛かったと言われる方もおられます
70km走った後の急な下り坂なので
経験のない方はどんな状態でここを通過するかは
想像できません
下り坂で良かったと思うかもしれませんし
前述のように下り坂が辛かったとなるかもしれません
長い下り坂なので下りた後のダメージもあると思います

ただここを歩くとなると時間によっては
次の関門は非常に厳しくなると思います

ここを下り切ると海岸線の綺麗な景色を見ながら走ることになります
岬までコースがなだらかに上っているのがはっきり見えます
先ほどまで急な下りだったので
少しの傾斜が非常にこたえます
岬までたどり着いてそこを超えると
また同じような岬が見え
このようなコースがどれだけ先まで続くのか?
という絶望感を感じることでしょうw

なだらかな上り坂は岬めぐりが終わっても
これはゴール手前まで続きます
普段なら辛くても難なく走れる上り坂ですが
80km走った脚には非常に堪えると思います

もちろん上ってばかりでなく
それと同じくらい下り坂もありますw

しかしここまで来れば
完走するんだという気力が一番の力になります
周りのランナーと励ましあいながら
ゴールを目指してください

網野町の太鼓の音と
お帰りなさいの声援を聞けば
完走できた喜びに包まれると思います

長々と書いてまいりましたが
あくまでこれはおっさんが感じた丹後です
これを見て、少しでも完走のお手伝いができたのならうれしく思います

丹後を走る皆様、共に完走を目指して頑張りましょう!

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

まいど、おおきに

昨日は調子の悪い左足首の確認ラン
朝起きた時はまずいかなと思いましたが
夕方走ってみると
さほど気になるような感じでなかったので
ホッとしております

試しにキロ4:30まで上げて見ましたが
さほど気になる痛みとかは感じず
ウルトラを走るにあたってはあんまり問題ないかと・・・

若干まだ違和感を感じますが
体調を考える機会を与えてもらったと解釈して
頑張ろうと思います

*********************************

今日は碇高原の入り口に当たる60kmから

ここまでうまく走れたなら
ここから10kmは歩く所と決めてもいいと思います

時間としては60km地点で7:30以内に来れたらという条件ですが(笑)
しかし全歩きでも遅すぎたりしてはダメですw
それに10kmも歩けばその間
本当に間に合うのか?という気持ちにもなりますので
少しは走れると思いますw

高低図を見ればここからどえらい坂道が始まるように感じますが
確かに上るのには辛い坂道もありますが
少し頑張れば走れる上りもたくさんあり
図にもあるように下りもありますので
全く走れないところではありません

ようは絶望するような坂が10kmも続く訳では無いって事です

ただ、やはり平地を走ることと比べれば
やはり疲れます
そうなるとこの60kmから歩くためにも
それまでは頑張って走らなければと思っていただければと思います

しかしどうしても足が動かないけれども
走らないと間に合わない時の一つの方法として
おっさんがよくやる方法は

電信柱などを目標物に決めて
その次の目標物までは走る
そのあと次の目標物までは歩く
とか小さなゴールを作って積み重ねる方法です

とにかくこの碇高原の上りは余裕を持って走りたい所です
特に最後2kmはかなり急な上り坂なので
走れないと思います

そのためにも繰り返すようですが
浅茂川漁港から60km地点までの区間を
どれだけ頑張るかがポイントになると思います

次は碇高原の下りからです

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

まいど、おおきに

昨日は歯医者に行ってきた
おっさんは歯石が溜まりやすいので
2ヶ月に一度定期的に行っている
目的は歯科衛生士さん
今回も問題なく済んだ

今日も問題なく済んだと思った帰り道
歩いてる最中にまた左足をグネッてしまった・・・

不覚・・・
おっさんじゃなくておじいちゃんか?w

また捻挫か?
若干痛みますがいつもよりは大丈夫そう
夏の疲れが早くも出てきたのか?
金、土とランオフしました
今日も起きた時の状態で決めたいと思います

大したことでありませんように・・・

*************************************************

35kmと言えばフルマラソンでは終盤戦
どんなペースで走ってようがしんどくないはずがない
しかも暑い時期で走ってきてますから
かなりの消耗のはずです

そんなところが七竜峠の入り口です
斜度をしっかり確認できるので
走るのが萎えると思います
完走を目指すのならしっかり歩いてくださいw

七竜峠の頂上まではずっと上り坂ではなく
比較的平らなところも下りもありますので
そこではちょっとでも稼ぐのなら走ったほうが良いでしょう

七竜峠の頂上までたどり着くと
急な下り坂から始まります
かなり急な下り坂なので
足のダメージに気をつけてください

頂上まで行ったのだからあとは下りだけと思いがちですが
明け方にこんな坂があったっけ?
と思うようなきつめの上り坂が出てきます

おっさんは毎回思うのでうが
42.195kmを通過する時は
フルマラソンってこんなにきつかった?
こんなに長かった?
と思います

この復路の七竜峠は歩くところと走るところを
しっかりメリハリをつけて耐える
そして浅茂川漁港のうどんを目指すのがベターかと思います

浅茂川漁港のうどんでしっかりエネルギーと塩分を補給し
脚が辛いなら中学生のマッサージで回復して下さい
しかしここだけではありませんがエイドで長居は禁物ですw

おっさんが思うには
この浅茂川のエイドから碇高原の登り口までの15kmが
完走の一番のポイントかと思います

まずこのコースの高低差を見た時
一番の平坦地であるゆえに
走る前はここは一番稼ぐ所と考えそうですが
それゆえに一番走れない所です

浅茂川漁港のエイドと弥栄庁舎のエイドと大きなエイドがあり
長居をしてしまう可能性があり
また長居をすると始動がかなり辛くなります

見た目一番走れそうなのに辛い区間
この区間を制することができるかどうかが
完走に繋がるかどうかのポイントになると思います
エイドをどれだけ味方につけるかも大きなポイントになると思います

今日はここまで
明日は碇高原から

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村