上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいど、おおきに

おっさんは悪人顔らしいですw
仏のし~やんでと通ってるはずなのに…

今回の野辺山のレースは相対的には満足のいくレースでした
最初の20㎞までを無理せず行くことに急遽、変更したのも正しい判断だったと思うし
レース全体的に見ても自分の力を充分発揮できたと思います
後これからタイムを縮めるとすれば
50~70㎞区間の走りと90㎞以降の走りを改善することかな?
そうするにはなお走りの効率化を突き詰めねばと考えております

ドロップバックに預けなかったことも時間短縮につながったと思います
ただ今後のレースに関してはエイドの補給に関して満足できるものがない時には再考の余地があると思います
次の飛騨高山はどうしよう?

シューズはウエーブライダースリム25.0㎝で決まり
このシューズの分厚い中敷きを取っておっさんは走ります
ウルトラではこのシューズが鉄板になりそう
あまり気にしたことは無いのですが
同じサイズのスカセンのジャパンと比較しても
重量的にはほとんど変わりませんでした
なのでフルの時にでも使えるかな?と言う惚れ込みようです
ミズノに聞いたところメンズのスリムとレディースのサイズは全く同じなんだそうで
メンズのスリムがなくてもレディースの25.0㎝があればOKだそうで
ウエーブライダーの大きなモデルチェンジがない限りシューズには困らなくてすみそうです

次は飛騨高山
土曜日に走った感じではまだ疲労は残ってる感じなので
記録を出しに行くにはちょっときついかもしれませんが
チャレンジしたいと思います


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まいど、おおきに

来週は飛騨高山
コンディションは80%くらいまで戻ってると思う(自分のことはよくわかっていないw)
土日は少し走って万全の体調で挑めるか?

60㎞までのラップタイム(手元の時計)
5:18-5:31-6:58-7:09-5:45-
6:49-6:03-10:10-5:45-5:12

54km地点(手元時計では52㎞)から折り返しの部分で往路がやや上りになって
復路がその反対下りになっている
往路の上りは頑張れば全然走れる上りであるが
辛くて歩きが入ってしまう
ここは標高も低いため、心拍数が上がっているわけでもない
キロ6が切れなくなってきて
折り返しの北相木村のエイドでは初めてキロ10分をオーバーした
暑さが原因だろうがとにかく上りでは脚が動かなかった
折り返してからの復路は下りなので何とかキロ6を切るタイムで走れた

70㎞までのラップタイム(手元の時計)
5:09-5:35-7:44-5:46-6:12-
7:55-7:02-7:48-7:54-7:08

折り返し区間を終え徐々に上りの斜度が上がっていく
70㎞手前ではもう少しだから頑張って走ろうと思ったとたん
斜度が上がって走るのをやめてしまったところがあった
70㎞計測地点手前で正午のチャイムが鳴り響き
70㎞を7時間でクリアできず
71㎞地点の第エイドに到着

80㎞までのラップタイム(手元の時計)
11:37-8:26:7:05-11:49-10:53-
11-03-10:29-8:42-5:10-5:54

71kmの大エイドはドロップバックも無いし
もちろん風呂にも入らないけど
あまりに脚が固まっていたので
ファイテンのマッサージを受け11:37の時間を費やす
その後の上りもやはり走れず8:26-7:05と時間がかかり
それから名所馬越峠の坂に入る
なのでそれからはべた歩きの10分オーバー4.5㎞(笑)
70㎞走って上る坂じゃない(笑)
必死で歩いて
何とか馬越峠のエイドにつくとそこからは急な下り坂
ここからはいつものようにキロ5で(笑)

90㎞までのラップタイム(手元の時計)
4:48-4:41-5:03-4:59-5:11-
7:14-5:16-5:22-7:36-8:51

下り坂は調子が良い
前に良いペースの人が走っていて、それについて行く
ただ下り坂は90㎞手前まで
90㎞計測地点通過は9時間20分ぐらいで
そこからキロ7で行けば10時間30分を切れるのだが
90km手前は関西のフルマラソンで言えば
福知山マラソンのラスト2㎞みたいな感じ?
上りは全く脚が動かず、ある程度行くと勾配が緩やかになってはくるけど
見通しの良い直線がゴールをさらに遠くに感じさせる
最後下ってラスボスの坂を上り切ると
ゴールに近づくがさらに大回りしてゴールに向かいます

ゴールまでのラップタイム(手元の時計)
7:02-6:47-5:59-6:56-6:12-
7:33-7:38-7:13-5:27

ほんと最後の10㎞がきつかった
各エイドで給水を取るのだがいくら飲んでも足りない感じ
最後の2㎞は自動販売機を探しまくった(笑)
ゴール手前の曲がり角で缶コーヒーを購入
一気に飲み干し、生き返りゴール

記録  10:36:09
100㎞男子98位

順位が2ケタ台に入れたのがうれしかった
女子も入れたら3ケタになるけど…

次はまとめに入ります

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

最初の計画では
コース最高地点までの距離が約20kmなので
そこまでは頑張って大きな下りが終わる50km地点までは
結構飛ばしていけるのでは?
後は後半勝負やなと考えておりましたが
トレイルに入ってから厳しいって言ったら厳しいんだけれども
そう走れなくもない斜度の上りがいつもよりも厳しく感じました
時計の心拍計を見るとなんと180bpmを軽くオーバー
これがいわゆる標高の高さから空気が薄くなる影響なんだろうなと思いました
心拍数が170bpmを超えるとおっさんはフルも持ちませんので急遽予定変更
160bpmを超えると150bpm以下になるまで歩く
ようはサボる(笑)作戦に変更しました
そんな影響もあってか今回上り坂対策をやったにもかかわらず
ちょっとした上り坂は歩く癖がついてしまいました(笑)

最高地点も超え
IMG_0640.jpg

20kmまでのラップは(手元の時計)
6:38-7:07-8:26-5:59-6:57
6:15-7:22-7:18-6:05-6:03

ここで頭と顔を潤してすっきりさせて
IMG_0641.jpg

下りに入り、こんな景色で野辺山を満喫します
IMG_0642.jpg

30kmまでのラップは(手元の時計)
4:53-501-500-4:30-6:44-
7:01-6:29-5:51-8:02-4:51

下りはキロ5(笑)
どこが下りでどこが上りかすぐわかる(笑)
ただ、トイレに入ってたかも・・・

先程最高地点を越えたはずなのに
厳しい上り坂が待っているのが野辺山(笑)
IMG_0643.jpg

その上りを超え、
また大きな下りが始まると
芝生の歩道がありましたが
おっさんはあえて車道のアスファルトを走りました
芝生の道はクッションがある分疲れるのでは?
足をぐねる可能性があるのでは?
という不安からあえて避けました

40kmまでのラップ(手元の時計)
4:24-4:22-6:55-8:55-7:02-
5:43-5:09-4:36-4:53-4:23

やっとの事でドロップバックが置けるエイドの42km地点
しかしおっさんはドロップバックを預けてないので
ここは普通の単なるエイドと一緒
かなりの人数を抜いた気持ちになる(笑)
この時点で手元の時計と距離表示の差が1.5kmくらい狂ってて
手元の時計のほうが距離が短く表示していた

フルの距離表示のあったところでタイムがサブ4に+1分程度だったかな?
前半の予定変更にもかかわらず、結構良いタイムだなあと感じて走る
42kmのエイドでトイレに行きたかったけど
その後2km先に反対車線だったけどトイレを見つけ入る
そこは出来たばかりなのかすごく綺麗で
他の人が入っていたがシャワートイレだったらしい
トイレが少ない野辺山コースなので
トイレ情報を一応書いてみた(笑)
そこから一気に下って50kmのエイドへ

ここで蕎麦を頂くが
ある人から
ここのお蕎麦はしっかり噛むように!と忠告を受けていたので
しっかり噛む
言ってることがなんとなく解った(笑)

50kmまでのラップは(手元の時計)
5:17-4:22-6:18-5:46-5:23-
5:13-4:58-4:54-7:36-5:34

続きます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

1週間たって脚のダメージは気になるところはありますが、もうほとんど大丈夫
どちらかというと内臓なのか少しけだるい感じがまだ残ってます
あと2週間で何とかしたい

そろそろスタートの位置に集まりだしたので
皆とスタート地点へ移動します
リンさん、のべさんは71kmで風呂に入るって言ってたので
ワイノさんは3箇所の風呂に入りながらビールで一杯やるんでしょ?
って聞いたら、
いやいやそんなことはしませんよと言いながら
まんざらでもなかったw
おっさんは皆さんにガチ宣言しちゃったから
前に行くよう勧められたけどそこそこ前にいけたから
落ち着いていました
デカフォレストは特別前からスタートできるから
ぐわぁTにひらがなで『でかふぉれすと』って書きましょうか?
って勧められたけどw
さすがに断った
そういう駆け引きをしながらいつもの
IMG_0636.jpg

以下すべてリンガンガースポーツ(リンさん写真ありがとうございます)

大会委員長の挨拶がまだ続いてましたが、
時間が来てスタート!
IMG_0638.jpg
最初は混んでてスピードに乗り切れませんでしたが
空いてくるといつものキロ5で(笑)
というのもトレイルに入って人が多いと
走りやすい路面を選んで走ることがしにくいって聞いていたものですから
最初の10kmは無理してでも前に出ようと考えておりました

8km過ぎ辺りからトレイルになります
10kmまでのラップは(手元の時計)
5:49-4:41-4:58-4:54-4:57
5:04-5:07-5:14-5:46-6:36
IMG_0639.jpg

トレイルに入っていきなりガタ落ち(笑)
続きます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

レポって難しいと感じる日々です(笑)

当日の朝、2時半起床
まず感じたことは
『寒い!』

前日、当日は暑いよって皆言ってたから
余計に寒く感じる・・・
なんせ気象庁発表は野辺山の最低気温は2.5℃
これって冬やん・・・

それでも寝ぼけながら身支度を済まし
皆様をお待たせさせてしまいましたが3時過ぎには出発
駐車場に迷いながらも到着し
らぴさんと車も隣同士なので一緒に会場に向かう送迎バスに乗りました

一緒にらぴさんと居てその日一番気になる一言
『ウルトラマラソンやのに緊張する・・・』
えっ!
皆はウルトラマラソンだったら緊張しないの?
おっさんはどんなレースでも大小はあれ緊張するけどなぁ・・・
もうお金を払ったって時点で緊張の対象だw

会場に着くとおなじみのだれやねんさん
もうウルトラでは鉄板の人だ
あぁ、この人は緊張はしないかもw

そんでこれが今回のコースの高低表だ



走る前までは急な上り坂はしんどいなぁとか
下り坂でタイムを稼げるかなぁとか
ぼんやりとしか考えられなかったが
走り終わってからの今更ながら説明が出来るw

見ての通りかなりのアップダウン
このコースはスタートゴールは同じ地点なので
スタートゴールは同じ高さ
しかしこのコースを普通のコースと違って難しくしているのが
この標高の高さと50km地点の標高が低いことだ

気象庁の発表では野辺山の気温が
最低気温2.5℃、最高気温21.9℃、平均気温13.1℃となっているが
その日一番暑い時間帯に恐らく多くの人が50km地点辺りに居るわけで
その時の最高気温は恐らく25度を超えていたんではないかと思われます
日差しも強かったので体感はそれ以上でした
2.5℃から一気に25.0度はそれなりの事前対策が必要と思われます

それとスタートから50kmまでは高いところから低いところ
50kmからゴールは低いところから高いところになります
ですから前半と後半のタイム差がやはり1時間は見積もらないといけないでしょうし
走力的にタイム差が2時間以上かかるとなるとなると
完走に黄色信号が出るように思います
と言って前半が楽って言うわけではなく
そこには標高が高いという魔物がすんでおりまして
空気が薄く簡単に心拍数が飛び跳ねるという・・・

今までウルトラマラソンでラスト2~3kmはゴールに近づける気持ちで走れましたが
今回は最後まで走りきれることは出来ませんでした

次はスタートからです


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。