上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丹後とは全く関係ありませんが
最近のニュースでJR西日本のJR宝塚線脱線事故による元トップの責任を問う裁判での無罪判決と
東北震災時の津波を予測する義務を怠ったとして幼稚園のバスを海岸沿いに走らせた責任を問う裁判が有罪判決
ほんとに詳しく内容を見たわけではないので言える立場でないのかもしれませんが
前者は完全に人災、後者は明らかに天災を含んでおります
ほんとにこの判決でいいのか?
自分の中で考えさせられる出来事でした

この丹後にも『えぇっ!』と思えることがありました
七竜峠は覚悟しておりました
当然、碇高原も覚悟をしておりました
しかし!しかしですよ、
碇高原を下り終え海岸線に出たあの道は何?
海岸線に沿ってやや右カーブを描きながら登る坂道
それが1、2回じゃなく
何回も何回も続くのです
時には峠に匹敵するんじゃないの?っていう坂道までありました
丹後庁舎でリタイアが結構多いと聞いたことがありましたが
そういうことでしたか・・・
走りながら併走してるランナーの一人が
去年の暑いのとどっちが良かったですかね?
なんて聞かれましたが
思わず『どっちでもいいから早く終わって欲しいです』
と答えるとみんなが笑いだしその場が和んだこともありました

でも今回頑張りました
夢の11時間代を目指し、
そんな坂道にもあの七竜峠で使った必殺技を駆使し
エイドは気分転換にバームとコーラを少しいただくだけですぐに出発
つみれ汁、おしるこを楽しみにしておりましたがパス!
懸命に走りました
タイム的には11時間台はいけそうだと途中思っておりましたが
右お尻と左腰がたまにビクッと来る時がありまして
無理しすぎるとやばいんじゃないの?っていうのもあったので
無理せず、しかも足を止めない事が求められておりました
三津小学校前の50m程度の激坂と琴引浜鳴浜文化館の最後の坂だけ少し歩きましたが
碇高原のエイドからほとんど歩くことなく走りきりました

スタート前はゴールも近づいたらもっと感動して泣くんじゃないの
な~んて思ってましたが
最後のエイドでコーラを飲んで走り始めてもさほどくるものがありませんでした

しかし!
丹後はやってくれます
『頑張れ~!』が『おかえり~!』に変わり
太鼓の打ち鳴らす音が聞こえると急にこみ上げてくるものがありました
そしてゴール!
自分の中でやり終えた達成感がみなぎってきました
ゴールでは先についたあやたさんとリンガンガーさんがおられました
しばらく余韻に浸っておりましたが
寒くなってきたのとトイレに行きたかったのでその場を離れ、その後荷物を取りに行きました
一旦座るともう動けません
足も豆が潰れ、このまま風呂に入るのもはばかれました
このまま時間が経つともっと体が動かなくなって今日中に帰れなくなると思い
後ろ髪を引かれる思いでしたが、皆さんのゴールを確認することなく
ゴールしたあやたさんとリンガンガーさん、ちゃららさんと握手をして
急いで家路につきました
次の日の台風は大変でしたが
当日の帰りの道もかなりの風雨でタイヤを取られたり、前が見えなくなったりもありましたが
なんとか通行止め等は無く帰ることができました


オチもなんにもない最後のレポになっちゃいました
まだ2週間しか経ってないのに
もうずいぶん昔の話をしてるみたいに感じちゃいました

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
東京マラソンだめでした
京都マラソンと近いのでどちらか当たればと思ったのですが
京都マラソンも怪しい・・・
東京マラソンの代わりに井上ワールドにしようかと・・・

丹後の続きです
弥栄庁舎から先はブログ村の方で始めてお会いする男前3人衆との出会いでした
まずは弥生庁舎で新しい帽子に換え、アミノバイタルとジェルをバックに入れ
バラ寿司、コーラ、バームと適当に補給し出来るだけ早くスタートを切りました
暫らく走るといきなりぐわっTを着た大きな背中が前に出現!
スタート時点でぐわっTを着ている方であまり大柄な方を見かけなかったのですが
その背中を見ると


死ぬ気で走らんかい(゚Д゚)ゴルァ!!
  死ぬ気で走らんかい(゚Д゚)ゴルァ!!
    死ぬ気で走らんかい(゚Д゚)ゴルァ!! 
      死ぬ気で走らんかい(゚Д゚)ゴルァ!! 
 

  
と迫りくる迫力に
小さな声でハィィということも出来ず・・・
颯爽と走るその後姿を挫折感を持ってみて見送っておりました・・・
後々それがあのウルトラモンスター、リンガンガーさんであると聞かされたのでした・・・

暫らくすると60km通過
タイムは・・・

6時間35分!

これって
7時間以内の場合
①7時間+②2時間であと残り5時間で26.6km
こうなれば12時間台でゴールできるか?
っていう最高のパターンやん!
右足親指の付け根がかなり痛くなってきたので
ここから早速戦略的?歩きを取り入れることにする(笑)

歩きと走りを交合に入れて、だんだん歩きの割合が多くなって暫らくすると
ぐわっTに青い帽子が左側から黙々と抜いていく
もしかしてと思い『あやたさんですか?』とお声をかけるとさわやかに『はい、そうです』
とお答えいただきました
ブログではいかにも大阪のおっさんを漂わせておられますが
お会いすると不惑のおっさんには見えない
若く、さわやか過ぎました
小さな男の子のかわいい声援に人気スターのように大切に接する姿を見て
私も同じようにやってみましたが、やっぱりさまになりません (><)
いっぱい元気を頂き、暫らく走ることが出来ましたが、
あえなく遠くへ過ぎ去って行かれました

厳しい碇高原でしたが
あやたさん情報で最後の2kmがきついと聞かされておりました
それは碇高原エイド直前までその坂があると思っていたので、
きつい坂に差し掛かった時、まだまだこれからもっときつい坂があるから頑張らねばと
思っていると下り坂になるではありませんか!
めっちゃラッキーな気分でした

碇高原でも新しい帽子に換え、アミノバイタルとジェルをバックに入れ
すぐに出発!
時計を見ると8時間35分
もしかしてここで頑張れば12時間台どころか12時間切れるんちゃうか?
と思い、走りながら頭で計算します
キロ何分で走ればいいか考えるのですが
悪い頭で答えが出てきません・・・

そうこうしている内に下り坂を終え、海岸線に出ますとエイドでまたもやぐわぁT発見!
またまた男前登場!お名前をお聞きするとちゃららさんでした
ちゃららさんもエイドで休憩を済まされると右手にボトルホルダーでボトルを持ちながら
あっという間に去って行かれました
100kmもあんなボトルを片手に持って走ってるんだと感心しながら見送っておりました
ブログ村ランク上位には顔良し、走ってよし、文章力良しの3拍子がそろってないと無理なんだと言うことを痛感しました


もう少し続きます
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
近況ですが
丹後が終わった後、全身筋肉痛で2日ほど動きが悪かったものの
仕事に関しましては、無事任務を遂行することが出来ました
足裏や踵にできた水ぶくれも先週のうちに完治し、
今週は歩くと痛いと言うことはありません
ただ筋肉痛と思われた左足の膝裏の痛みが依然引きません
筋肉痛としては長すぎると思い、知り合いの鍼灸医で診て貰いましたが
肉離れほどにはなっていない模様
全く動かさないよりは軽めの運動ならやった方がよいとのことで
暫らくはウルトラマラソン以上のウルトラ遅いジョグで済ましています
それより速くなると少し痛みが出ちゃいます
無理したら走れないことも無いですけど・・・
無理する時期ではないと思いますのでぼちぼちやります

それでは丹後の続きです
15kmあたりを過ぎると胸のつっかえも取れ始め、周りの人も少しずつばらけると
蒸し暑さもなくなってきました
代わりに登場したのが屁です
止まらない・・・・
これが走る力に利用できたら・・・・
でもこんなところで我慢してへんな力を使うよりは
もっとリラックスさせて開放させる方が良いと思い
もうあたりかまわず プー!
でっかいのも プー
連発も プップップー!
坂を下りきったときに一番でかいのが出たのですが
その時タイミング悪く後ろに人がピタッて着かれまして
その人に奇声をあげられました
思わず後ろを振り返って『すいません』と謝ると
苦笑いをされちゃいました
立ちションと真後ろのでかい屁はどちらが罪深いでしょうか? (T_T)
そんなことがありながらも50km手前あたりまで屁は収まることはありませんでした・・・

いよいよ2度目の七竜峠
確かに碇高原は最大の山場ですが、
僕の計画で言えば
碇高原までの上りは最初っから2時間かかっても仕方がないと思っておりました
ですからそれまでの60kmがこの丹後を完走するには大きなポイントになると踏んでました
その中での難所といえばなんと言っても七龍峠!
最初の七竜峠はスタート直後でなんとかうまくやりきれても
この2度目の七龍峠の出来不出来が大きく関わってくると思っておりました
そこでたまたま1週間前にインターネットで見かけたCHIランニング
実際は違うのかもしれないけれど

 足を置くように進める
 上りは小股で進む
 腕をしっかりテンポ良く振る

というポイントを忠実に練習の坂道で試すとなんか楽に進めたので
ここで必殺技として採用!
周りは歩き始める中、ずんずん進むことができました
後で下り坂になってかなり抜き返されましたが、止まらず坂を登りきったので、
結構な人が抜けました

下りきって浅茂川漁港エイドでうどんを食べていると
後ろから『ちょっと今、マッサージ空いてるけどやる?』っておじさんから声をかけられました
予定ではマッサージをしてもらう暇はないのと体が逆に硬直してしまうのではという不安からパスする予定でしたが
七龍峠を頑張りすぎたせいか若干膝が痛いので少しならいいかとマッサージをお願いする
これが大正解!
めっちゃ膝が気持ちいい
これ以降、膝が痛むことはありませんでした

あじわいの郷あたりではターザンとチョッパーを発見
チョッパーは次の着替えエイドで新世界バージョンに変身するとのことで
それを見る為に頑張ろう!と
何か理由付けをしないと頑張れなくなってきておりました
まだまだ半分・・・
弥栄庁舎に向かいます

続きます
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
続きです

ぐわぁTにたくさん囲まれたところにいたのですが、
あまりの多さに誰が誰だか判りませんでした
一人なら『すいません、どなたでしょう?』って聞けるんですけど
あまりの多さに『ぐわぁ!』でした
ゲストというか総元締めの坂本雄次さんとMCの方が大事なことをお話されてたと思うのですが、
興奮状態で全く耳に入っておりません
号砲が鳴り、スタートです!
前日のウルトラマラソンベテランらしきおっちゃんとミドリ安全の兄ちゃんが言ってました
『突っ込んだらあかんで』の一言
実はかなり悩みました
でも、スタートの号砲が鳴った瞬間、忘れてました f^^;
し~やん、逝きます!キロ6分の感覚で突っ込みます!

シミュレーションといたしましては
①60km地点まで出来るだけこのキロ6分を維持する感覚で行く
②60~73.4kmはそれまでの疲労取りと激坂対策 キロ10分でもOK
③碇高原の激下りは膝に負担をかけないように慎重に
その後の残り約20kmはゴールまで最後の力を振り絞る
 キロ7~8分辺りか?

と大変大雑把な計画で描いておりました
ですから①にて

7時間以内の場合
①7時間+②2時間であと残り5時間で26.6km
こうなれば12時間台でゴールできるか?
これは最高のパターン

8時間以内の場合
① 8時間+②2時間であと残り4時間で26.6km
なんとか時間内完走できそうな感じ

9時間以内の場合
① 9時間+②2時間であと残り3時間で26.6km
③でかなり頑張らないと完走できないかも
って今見て考えると、碇高原の関門オーバーやん(><)

ということでこのスタートから60kmまでの走りがそのまま後々大きく影響する計画なのです
と言いながら最初のラップを見て愕然とする・・・

キロ8分41秒

まずい!
これはやばいと少しスピードを上げていきました
この時、実は全くスタートロスを忘れているのです・・・
次ぎのラップが気になっておりましたが暗くて読み取れず・・・orz
ナイトモードにしてその次ぎのラップを確かめるが、老眼気味で読み取れず・・・orz
坂に差し掛かっておりましたがラップタイムが気になって坂の厳しさが半減(笑)
タイムが気になるものの時計を見ても読み取れないままどんどん進んで行き、
だんだん走ることに集中し始め、次第に時計をみるのも忘れてました・・・
このちっちゃなアクシデントも最終的にラッキーだったのかもしれません
後でランナーズチップを見ますと

0~10km  1時間05分 

スタートロスとスタート時の混雑を考えるとなかなかいい出足じゃないの?
下手に時計が見れなくて走ったほうが良かったかも(笑)
しかしビニールポンチョで体は蒸し暑く、
その上、朝に食べたパンが胸まで上がってくる感じで気持ち悪く
汚い話ですがゲップが止まらない…
やっぱり好きでも揚げたカレーパンは良くなかった?

続きます

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
さて、ここからレポ始めます
ブロガーあるまじき行為ではありますが
一切写真無しです(笑)

まずは前日から
レースが始まるまでは全く見所無しなのでこのレポは飛ばしていいかも

車に荷物を積み、朝10時ごろ出発
途中、スーパーにて本日の昼飯のお寿司と次の日の朝食(夜食?)のおかずパンを
近所のスーパーで買い込み、高速へ
高速を降りて山形屋の駐車場にて買った昼飯のお寿司と
それだけでは足りなかったので、朝食の為に買ったパンを一つ今回の食事に回す
食事後、一気にアミティ丹後へ
最初は駐車場Bに停め、会場へ受付を済まし
会場には3時間ほどウロウロしましたが知っている人は誰一人見つからず
ブログ村の人と特に約束もしておりませんでしたので
仕方ないかと思いつつ、ブルーベリー牛乳を飲んで、バラ寿司を150円たして購入
たまたま話しかけたおじさんがいろんなウルトラの経験者らしく
『野辺山と丹後が厳しいコースや』とか
『フルの3倍がウルトラのタイムや』とか
『丹後は七竜峠2回と碇高原はなめたらいかん』とか
『丹後は最初っから突っ込んだらあかんで』とか話してくれました
たしかミドリ安全のお兄ちゃんも
『丹後の最初は突っ込んだらあかん』と言ってました
具体的に自分のフルのタイムを教えキロ7分から7分30秒で走ってもキロ6分で走っても最後はつぶれるからキロ6分で突っ込もうと思っていると言っても
二人とも『それはあかん』と言われちゃいました

車に戻り、ゼッケンを取り付け、明日預ける荷物をまとめた後に
夕食と風呂に入る為、浅茂川温泉静の里へ
風呂を浴びた後、会場で買ったバラ寿司を誰もいない3Fの休憩室でこっそり食べ
もちろんそれでは足りないので2Fのレストランおり姫にて親子丼とざるそばを注文。
食べた後にお土産を買い、歯磨きをしてくるまで駐車場Aに向かう
駐車場Aの方がなんとなく良さそうなので車を停め車の中で寝支度をする
ただの箇条書きではありますがこの間、常に緊張感が漂ってまして
この後寝付きも非常に悪かったです

それでも約4時間ぐらいは寝れたでしょうか2時半にセットした目覚ましで起き、
朝食のパンを食べ
ご丁寧に井手さんからメールを頂き
知り合いからのメールで少しリラックスできました
おもむろに着替えを始めたんですが
ここでなぜかずっとTシャツ1枚で上は臨む予定だったんですが
無意識にアンダー1枚を着てたんですね
後から考えると寒さ対策にほんとラッキーでした
会場について荷物を預け、給水場でスポドリを頂いて暫らくすると
TAKAさんに声をかけていただきました
そこで2つ目のラッキーが・・・
実は少々の雨でもそのまま走り出す予定だったんですが
TAKAさんがビニール袋のポンチョを用意し始めたんです
するとなぜか急に自分もビニールポンチョを着なければいけない気分になり
その場で着ちゃいました
これも寒さ対策としてよかった点だと思います

そして井手さん、たーはるパパさんらの集団と会うことができ、それからスタートです!


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。