まいど、おおきに

おっさんと走る50km
今週土曜日実施しますw
一緒に走る奇特な方は今の所2名
まだ希望者がおられたらおっさんまで連絡下さいね


***************


つづきです

皆さんお解りであろうと思いますが
滋賀県の夜中の田舎道
明るいわけなく、景色も全く見えない状況

びわこ周遊とか言ってますが
どこ走ってても変わりない状況
たまにある街頭が明るさでほっとするくらい
ひたすら淡々と歩を進めるのみとなってきました

よってブログも書きようがないw

湖岸緑地駐車場のチェックポイントでカレーをいただき
主催者の方にこの後のコースの確認をして出発すると
カブトムシさん、おぐらさん、えーかわさんが少し先で待っているとの事

こんな時間まで応援いただけるって
幸せもんだなぁと少し涙が・・・・(嘘)

おっさんの表情があまりにひどかったのか
3人の顔が哀れみに満ちていたw

夜が明け徐々に明るさを取り戻したので
ヘッデンを帽子に換え
また少し先のコンビニで給水をして
最後のアップダウン近江八幡のキャンプ所へ向かいます

上りはもちろん歩きw
下りはダメージを残さないように走りました

長命寺のチェックポイントではうどんをいただき
すぐに出発

ここからはさざなみ街道
日が出てくると日影が全くなく
暑くなるのは目に見えております

さらにコンビニ自販機も少ないので
動かない足ですが先を急ぎます

すると前方から男前が
kenさんでした

やべっちは来てくれなかったのにw
kenさんは来てくれましたw

ここでエネルギーをいただき、
さらに進むと
琵琶湖大橋の手前でまたもやじぇーてぃーさんが駆けつけてくれました
最後のゴールも見届けてくれるとの事で
干からびないよう頑張ります

琵琶湖大橋東詰のチェックポイントの近くのコンビニで
この後水分不足にならぬようペットボトルを2本買いスタート

ここからゴールまでは
毎年実施している丹後対策として
灼熱の8月の昼間のジョグを思い出させるような
ぐったり感満載の走りでした

近江大橋をくぐると残り5㎞
まがいなりにもここまでは少しは走れましたが
ここから先はいろんなショップが立ち並び
人通りが多く、走りにくいうえ
歩道の段差が多くなりそれがぎっくり腰にもろに堪えます

ここで160㎞コースのトップ3人に追いつき
並走する形で歩きますw

途中どうしても冷たい飲み物が欲しくて
自販機でアイスコーヒーで一服
じぇーてぃーさんがゴールで待ってるのにw

近江大橋からはほとんど走ることなく
じぇーてぃーさんと主催者の方々に迎えていただけるような形で
何とかニューびわこ 健康 サマーランド&ホテルにゴール
ゴールした後にはなりましたが
えいたろうさんまで応援に来ていただきました

今回のレース
まさしくわがままなおっさんらしいレースでしたがw
それにお付き合いいただきました
たくさんのマラソン仲間の応援
ほんとにうれしかったです
まさかここまでしていただけるとは正直思っておりませんでした
ほんと感謝しております

琵琶湖を自分の脚で回った満足感と
仲間からいっぱい大切なものを頂いた
充実感で満たされたレースでした

これからマラソンはもちろん
私生活やいろんなことでもっと頑張れるような気がします
ほんとにありがとうございました

ブログの内容としては解る人にも解らない内容となってしまい
申し訳ありません
これもおっさんの記憶力、文章表現能力の無さということで
ご勘弁ください

お付き合いありがとうございました

おわり


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
まいど、おおきに

そろそろ皆さん
大会も終わって一段落のころではないでしょうか?

オフだ!って思ってません?

しかしながら本番はこれからですw

なぜならこの蒸し暑い時期に
汗をしっかり出して
こまめに水分補給をしっかりすることによって
細胞に水タンクをしっかり作る時期だからですw

丹後の為にも今走って水分補給をしっかりすることが大切ですw


*******


つづきです

右側に琵琶湖があるのですが
暗くてあまり景色とかは望めません
淡々と足を進めるしかなく

この先、車の少ない道を通るときは
暗くてさみしいだけ

車の多いところは
暴走族みたいなのが行ったり来たりで
うるさいだけ

比較的トンネルが多くあり
トンネル内であの暴走族が来ないことを祈りましたw

ただひたすらに
らぴさんのいる湖北水鳥公園を目指すだけでした

らぴさんがおらんかったらどうなったでしょう?w
ほんとにありがとうございました

と言ってもそこまでたどり着いても
特にすることはなく
らぴさんの顔を見るだけなのですが
ほっとしたのもつかの間
この後の目標物がないことに絶望感を覚えました

次のチェックポイントは奥びわスポーツの森
ここのチェックポイントよりも
先に行ったコンビニの方が明るくてほっこりできそうなので
チェックを済ましてトイレのみ
長浜を目指します

このあたりから160㎞スタートの選手を
ちょこちょこ捕まえる感じで抜くことができ
少しモチベーションが上がりました

しばらくするとミスターXから
どこ?
とLINEが入った

まさかこんな夜中に来てくれるはずはないと
思ったので無視することにしようとしたがw
さみしがり屋のおっさんは
長浜
と答えてしまったw

すると近江母の郷のチェックポイントの先で
待ってるというではありませんか!

それでもやはりコンビニの明かりには勝てず
そこで給水も含めて一服
次のチェックポイント近江母の郷を目指します

このチェックポイントは唯一自分の預けた持ち物を取り出せる所で
もし仮眠をとるならここが一番良いと主催者から勧められた場所なので
少しは充実してるのかな?と期待はしておりました

しかし!到着しても主催者らしき人は誰一人おらず
ちょっとした食べ物はおろか飲み物さえもありつけませんでしたw
もちろん預けたものなんては無く
預けなかったおっさんはファインプレー(笑)
先ほど寄ったコンビニは大正解となりました

時間のチェックを済まし
ミスターXを目指しますw

ミスターXらしき車を見かけましたが
そこにはミスターXはおらず
どこかで見かけた人がおりましたw
カブトムシさんおぐらさんでした

まさかいるとはおっさん思っておらず
疲れとボケであのカブトムシさんの体型を見ても
すぐに認識できませんでしたw

その後、同じところにいないと思ったミスターXを見つけました
夜中に3人の応援ほんとにうれしかったです
顔は疲れ切って嬉しそうには全く見えないでしょうけどw

この後も淡々と足を進めました
小さな目標を見つけてはそこまで走ったり歩いたり
一切の感情を切り捨てるように
前に進むことだけを考えて歩を進めるだけでした

もうちょっとつづきますw

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

今日は色んなところで仲間が走ります
応援行けなくてすみません
でも頑張ってください!
パソコンの前で応援してますw


****************


つづきです

海津大崎のチェックポイントでは
おにぎりとお茶をいただき
ここからの道はまだ明るいですが
次のチェックポイントに行くまでに
陽は沈み、日が沈む前でもトンネルとかもあるので
頭にヘッデンを装着してスタートしました

そしてトンネルを2つ潜ると・・・



猿の軍団登場w

セオリー通り目を合わさずw
通り過ぎます

しばらく走ると前から車が来て停車
らぴさんでした

もっと先で会う予定でしたが
気遣っていただき
色々お世話になりました

すると先ほどの選手も追いつき
3人で談笑w
らぴさんは100km辺りのコンビニで待ってると
言ってくださったので
追いついた選手としばらく並走

この選手、今年のスパルタスロン挑戦するとの事で
かなり気合い十分
だんだんスピードも上がってくる感じw
このままではおっさん潰されそうで
ハムがピクピクし始める

ここは無理できないと思い先に行ってもらう
全く無理できないわけではなかったが
どうしても無理するわけにはいかない事情があったw

車も通行止の道に入り
周りは真っ暗で
自分のヘッデンと月明かりのみ

そして上り坂になっていき
早く抜けたくても歩きになってしまう

しばらくすると右側に赤い目のようなものが見えたが
疲れでボーとしてるので
恐怖感も鈍感にw

そして・・・



このトンネルを突破するw
こんなところで走れくなって
身動きが取れない状態にはなりたくないw

さっさとこのトンネルを抜けだし
下り坂に入って走り出すとやれやれと思った
その瞬間、ガードレールにバーンとぶつかる音と
動物の鳴き声が後方でしました

いつもなら必死に走って下るんでしょうけど
疲れでボーッとしてるので恐怖心がもう一つ湧いてこない
まあ大丈夫だろうと淡々と走れたw

後ろだったからよかったものの
前から聞こえたらどうしていただろうか・・・w

でもゴールした後に前に走っていた人に聞くと
どうも子熊がイノシシの罠にかかっていたらしく
子熊がいるなら近くに親の熊がいてもおかしくないよねって
話になったときはちょっとビビったw

そしてなんとかコンビニに到着
到着すると心配したらぴさんが逆走する格好をしてたw
ほんと申し訳ない

ここでサンドイッチをほうばり
エネルギー補給
らぴさんは湖北水鳥公園で待ってると言い残し
また先で応援してくれるそう
ほんと感謝です

おっさんは次のチェックポイント飯浦を目指します
飯浦で距離にすると103km
やっと半分です

ここでは先ほどのコンビニでしっかり補給できたので
先を急ぎます
目指すはらぴさんが待つ湖北水鳥公園

つづきます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

200kmのダメージは今回少なかったと申しておりましたが
脚ではなくて腰にずいぶん残っていたようでした
はじめこれはぎっくり腰からくるものと思い込んでおりましたが
どうやらそれだけではなく
ぎっくり腰以外のところの筋肉もかなりの疲れがあった模様

先週の土日でゆっくりできたので
もうほとんど大丈夫なのですが
この腰の原因は200㎞単に走ったからだけではなくて
今回履いたシューズのヌーサFFの
クッションが効きすぎ?なのかもしれません

検証するにはもう一度これを履いて試すしかないのですが
まあ当分できない(笑)
50㎞位走ってどうかくらいはやってみようかと思います


************


つづきです

近江舞子駅から少し先に行くと
下から湧水が出ているところがありました
触ってみると冷たいので
ぎっくり腰に気を付けながら(笑)
体を這いつくばって頭を冷やしました
すごく気持ちいい
かなり気温が上がって来てるのを実感しました

そしてしばらく先に走ると
黒い車から
『速すぎ!』との声
じぇーてぃーさんロボッチでした
ここでお約束のコーヒーゼリーをいただき
おなかの中もかなり満足w
元気をいっぱいもらって再出発しました

・・・・・が、
おっさんすでに力が尽きていた模様・・・
ここからは前半戦のような走りは全く見られず
北小松駅付近でさらに抜かれ3位に後退

今となっては歩いていたか走っていたかも
ほとんど記憶のない中で前に進んでおりました
それを知ってか知らずか
じぇーてぃーさんとロボッチのコンビが
先ほどの10㎞先でまたもや待っててくださっておりました

ここで英気を養い再出発
スピードは上がらないままでも
チェックポイントの新旭風車村に到着
2位の選手に追いつきました

ここでカレーライスをいただき先に出発したものの
おっさんのスピードではすぐに追い抜かれ
あっという間に見えなくなりました

ここからも自分が走っていたのか歩いていたのか
全く記憶のない区間で
今思うとかなりやばい状態だったのかもしれません

しかしながらマキノ町に入ると
160㎞の最終ランナーと思える美ジョガーをとらえ
少し声をかけたあたりからは
ちょっとずつ脚も復活してきたように思えます
気温もかなり落ち着いてきたのもあるかもしれません

しばらくすると2位の選手がコースロストをしていた分
追いつくことができ
海津大崎のチェックポイントでは先に到着することができました

つづきます

今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
まいど、おおきに

土曜日の午前中に歯医者に行った後
最近走っていないマイコース50kmを
原チャリで見てきた

台風で通行不可能のところがあるとか
シェパードが出るから危ないだとかの問題で
ちょっとおっさんも流石に控えていたw

でもトレーニングするには最高のコースだと
おっさんは感じてるので
もし走れるならと思い
逆走する形で原チャリで確認をしてきた

まず40km地点にあたるコンビニが無くなっていて
ちょっとショックだったけど
少し遠回りになるがコースを少し変更して
代わりになるコンビニを通るように設定すれば大丈夫

コース内もチャリダーが多く
中にはドラムを運び出して演奏している人までいたくらいだから
まあ大丈夫w

台風で通行止めの場所も
回り道が設定されてて問題無し

と言う事で
天気さえ良ければ
6月16日あたりで走ってみようと思うのですが
一緒に走りたいって需要ある?

どんなコースかと言うと
⒈自転車のヒルクライムの練習に良い坂が3本ほど
⒉茶畑の景色が最高
⒊やべっちが走りきれたけどくたばったコース
⒋ロードです

条件としては
基本エスケープ出来ないので自力で走り切ってください
交通機関はありません
5kmほどコンビニ、自販機がない箇所があります
最初の平坦な道と止まれないくらいの下り坂以外はキロ6以上で進みます

どうでしょう?


************


つづきです

瀬田川を南下し
南郷洗堰で瀬田川を渡って北上
まずは第一CPの石山寺を目指します

この時はいつもとおんなじ調子で走っておりましたが
石山寺のチェックポイントでノロノロしていると
次々と抜かれて一時、8位くらいまで落ちましたが
次のチェックポイントの大津港口では再びトップに立ちました

20km過ぎのコンビニでトイレと給水をする為に立ち寄りました
スッキリする為に洗面所で顔を洗う為に屈んだ瞬間
腰にビクーン!と電気が走りました
ギックリ腰の再発です

走り始め腰にビンビン響きました
この状態でまだ十分の1
流石にDNFを考えましたが
しばらく走っていると不思議と痛みは治まってきました

そして第3チェックポイントの琵琶湖大橋
なんとかここもトップ通過
次のチェックポイント近江舞子に向かいます

ここまで順調に走ってこれましたが
石山寺とかコンビニとかで時間を取られ
フルの距離を過ぎてから
いつもより疲れがあるように感じておりました

多分ぎっくり腰もあるのだろうけど
ザックを背負って走った疲れが
予想以上にダメージがあったように思います

もしかして志賀駅のBコースのスタートに
追いつけるかなぁと思ったりもしたが
体感温度もかなり上がってきて
それには間に合いそうになかった

若干ヘロヘロ気味で近江舞子に到着
するとここでえむさんがサプライズ応援
色々気遣ってもらったけど
する事なす事主催者から却下
これってマラニックって言ってたよね?
と寸前まで言いかけたけど
こっそり炎熱サプリと何かの時のロキソニンを頂きました

ヘロヘロだったのでここでトップを譲り
ここから抑えて進むつもり
えむさんに申し訳ないなぁと思いながら
次に向かいました

つづきます


今後とも宜しくです…
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村